2018年度第32回 中枢神経系の統合機能

 最終回は尻切れトンボで終わってしまいました。今回は簡単にまとめて、一部は後日追加しようと思います。

 はじめに、大脳新皮質について構造や機能局在について簡単に説明しました。機能局在は、これまでに感覚機能や運動機能で取り上げてきたこととオーバーラップする部分もあります。プリントp508のような外観図がすぐに頭に思いつくようにしておきましょう。

 一次感覚野や一次運動野の機能はわかりやすいですが、それ以外の感覚野などは授業でも詳しく取り上げませんでした。二次体性感覚野は一次体性感覚野と連合野を結びつける役割を負っていたり、それぞれの感覚独自の記憶を司る役割があります。連合野は脳の中でも最もおそくできあがる部分で、それだけ高次の機能を担っていると考えられます。感覚に関わる連合野は、各感覚の記憶や、いくつかの感覚を結びつけて生じる認識をつくりだすと考えられています。

 前頭葉の連合野は授業でも触れた人格や社会性をつくりだすために必須の領域です。まだまだ分かっていないことが多すぎて、すっきりとした説明はありませんが、「ヒトを人たらしめている」場所であることは間違いないでしょう。

 ところで、新皮質の構造は、この部分が発生、成長過程でどのように形作られるかということと密接に関わっています。このことは、ヒトとマウスを比較したことから分かるように、進化によって、あるいは動物の種間によって大きな差があることを示しています。機会があれば、このブログでも取り上げてみようと思います。来年度以降も思いついたときに開いてみて下さい。

 大脳のうち、新皮質と比べてより原始的な機能を持っているのが辺縁系です。情動脳とも呼ばれ、情動行動の他、本能行動の形成に与っています。しかし、基本的な記憶機能や意志決定、意欲の醸成にも大きく関わっているため、その機能は無視できません。

 脳波は基本的な四つのパターンの特徴を頭に入れておきましょう。そして、これらを通じて睡眠状態の変化を考えられるようにしておきましょう。

 睡眠については、多くの人々が少なからぬ関心を持っているようです。ときに誤った情報も流布されていますが、基本的な特徴をよく理解しておきましょう。自律神経系や内分泌系のはたらきも大きく関わっていますので、基礎医学の教育を受けていない一般に方々にはわかりにくいことも多いでしょう。みんなはしっかりと考えられるように。

 言語中枢は、二つあり、それぞれの機能に特徴があります。臨床の科目では言語障害なども取り上げられるかと思いますので、関連させて見直すといいでしょう。