2017年度 第19回 深部感覚、体性感覚の伝導路と中枢

 深部感覚のうち、固有感覚は筋紡錘と腱器官の機能を中心に説明しました。最後に取り上げた「筋長の変化と神経活動」をよく振り返りながら、それぞれの機能を考え直してみましょう。

 それぞれの構造の特徴、特に神経線維の種類はしっかりと頭に入れておくように。また、機能については、それぞれが「何に」反応しているのかを知っておくことが大切です。宿題として問題だけ提示しましたが、等張力性収縮と等尺性収縮の2つの場合で、筋紡錘と腱器官の機能を考えてみると縒り理解が深まると思います。

 体性感覚の伝導路は、固有感覚も含めて脊髄神経支配領域が広いため、脊髄の伝導路を中心に考えることが多いと思います。プリントにも三叉神経を含めて考えるべきところに「脊髄」と記したところが何カ所かあります。気をつけてください。国試では三叉神経による顔面や鼻腔、口腔、歯の支配に関して当問題も出題されていますので、忘れないように。

 後索路、脊髄視床路、三叉神経視床路の3つについて、共通点と相違点をはっきりさせて整理しましょう。図を見ながら、自分で表などをつくってみると分かりやすいと思います。特にポイントになるのはそれぞれの二次ニューロンでしょう。二次ニューロンの細胞体がどこにあり、どこで交叉をしているのか。また、脊髄の伝導路であれば、脊髄を上行しているのはどのニューロンの軸索か、なども重要な点です。

 脊髄小脳路は第9章「運動機能に関する調節」で改めて触れると思います。

 脊髄網様体路は痛覚にのみ関わっていますが、疼痛の定義に照らしてみればその重要性が分かると思います。来週、侵害刺激を受けることに伴って全身にどのような反応が生じるかを、今日配布したプリントを参考に簡単に考えます。

 体性感覚の中枢に関しては、一次体性感覚野の特徴が非常に重要です。来週、改めて説明をしますが、今日の授業の最後に見た図をもう一度よく見直して、その意味するところをおさらいしておきましょう。

 来週は体性感覚の中枢について改めて説明した後、内臓感覚、特に内臓痛覚について考えます。あわせて、痛覚全体に関わる特徴を説明します。その後、第8章「特殊感覚」に入ります。特殊感覚では、それぞれの感覚器官の構造にも触れますが、解剖学で学んだ内容ばかりですので、あまり詳しく説明しません。各自で予習をかねてよく復習しておくように。