第26回授業の記録 色覚と視覚の伝導路、反射と脊髄の特徴

皆さん、今年はどのような1年でしたか?

今回は先週に引き続き、色の感覚、特に色覚について取り上げました。色盲や色弱は名前は知っていても、具体的にどのようなものであるかなかなかわかりにくいと思います。遺伝的には非常に頻度の高いもので、遺伝子レベルでどのような変異が生じているかも詳細に研究されています。色盲や色弱の方は実生活で不便を感じられることもあり、色覚のバリアフリーという考え方でいろんな取り組みも進んでいます。興味のある方は自分で調べてみてください。例えば、http://tsutawarudesign.web.fc2.com/miyasuku3.html や http://www.nig.ac.jp/color/guideline_kanagawa.pdf などです。

視覚の伝導路は他の伝導路に比べるとやや複雑ですが、順序立てて考え、違いをしっかりと理解するという意味もあり、やや詳しく説明しました。視路障害を考える上で必要な知識でもあります。プリントの図を見ながら自分の言葉で説明できるようにしておきましょう。

後半で第9章「運動と姿勢の調節」に入りました。今回はイントロとして、運動機能そのものも概論と最初に取り上げる脊髄や脳幹の機能に関わって、反射について簡単に説明しました。次回(年始)の授業では、脊髄と脳幹を中枢とする反射について取り上げます。その際、刺激と反応だけを並べていくのではなく、それぞれの反射の反射弓を具体的に考えてみます。これまでに学んだ感覚受容器や神経系に関する知識を土台にして、論理的に考えていく必要があります。

では、皆さんよい年をお迎えください。