第31回 自律神経系による器官機能の調節

最終回でしたが、残った範囲が広いためかなり駆け足で説明することになりました。『読んでおいて下さい』とか「みておいて下さい」という部分が多かったのですが、本当に自分でよくみておいて下さい。プリントは要点をまとめるという性格上、箇条書きが多いためわかりにくいところがあると思います。全体を理解してから、改めて1度は自分が講義をするようなつもりで、声に出して説明をしながら見直すと、自分の分かっていることと分かっていないことがはっきりすると思います。

さて、今回は自律神経系、特に2つの遠心性神経による器官、器官系の機能の調節について取りあげました。交感神経と副交感神経は常時自発的に活動しているため、両者によって二重支配されている器官に対しては、2つの神経系のうちより優位に活動している神経系の作用が発揮されます。そして、2つの神経系に作用は互いに拮抗しています。

交感神経系は全身性に作用を及ぼし、より代謝が盛んになるように、つまりATP産生やエネルギー消費を増大させるように働きかけて身体活動を支援すると同時に、エネルギー貯蓄を促進するような機能を抑制します。一方、副交感神経系の作用は交感神経系の作用に比べると限局しており、身体のエネルギー消費を抑制するため、身体活動を活発にするというよりもリラックスした状態をつくり出そうとします。このとき、全身の器官ではエネルギー貯蓄を促進するような機能が促進しています。

プリントにある表を見ながら、伝達物質/受容体の組み合わせと一緒に、各器官、組織ごとによく考えてみましょう。

交感神経系と副交感神経系のさまざまな器官、組織への作用、効果については国試でも必ず問われます。授業中にも触れましたが、けっして丸暗記しようとするのではなく、それぞれの神経系のはたらきから出発して、各器官、組織の機能と結びつけて考えられるようにしましょう。

後半では自律神経系の中枢、特に脳幹と視床下部について考えました。

脳幹にある中枢の多くは生理学Ⅱ&Ⅳで学んだ内容ですが、循環器系、呼吸器系、消化器系などがどのような神経性調節を受けているのか、中枢の機能という観点から改めて見直しておいて下さい。多くは感覚受容器から内臓求心性神経(感覚神経)を介して中枢へ興奮(情報)が伝わり、交感神経あるいは副交感神経を介して効果器であるさまざまな器官、組織が反応する反射です。今回説明できませんでしたが、第10章の最後に簡単に触れている内臓-内臓反射、つまり求心性神経と遠心性神経がともに自律神経系である反射です。

視床下部の機能はこれまでに学ばなかった内容があったかもしれません。体温調節や飲水中枢の機能などはこれまで他の科目で学んだ内容と合わせて考えられるようにしておきましょう。また、概日リズムや摂食(満腹・空腹)に関する中枢の機能はまだよく分かっていないことが多く、現在活発に研究が進められています。今後、ニュースや新聞などでも新しい知見が報告されると思いますので是非注目をして下さい。