2016年度 第26回 筋のエネルギー産生と筋収縮の調節

 今回で今年は最後、あまり締めになるような授業ではありませんでした。前期にやり残しではありますが、筋線維あるいは筋の特徴を考える上で重要な内容ですので、しっかりと復習しておいてください。

 筋線維を分類する考え方はいくつかあるようですが、一般的な分類方法を採り上げて説明しました。

 赤筋線維と白筋線維、または遅筋線維と速筋線維という分け方は筋線維の見た目の特徴(色)と筋線維の収縮速度がほぼ一致するところから、筋線維を大きく2つに分けています。国家試験でもこの分類に随ってそれぞれの特徴を問う問題が出題されています。なぜそのような色をし、なぜ収縮速度に差が生じるのかを考えると、それぞれのATPの産生方法の違いを考えることにつながってきます。したがって、ATPの産生方法に従って3つに分ける考え方は、現実的だと思います。この3つに分ける考え方が、現在最もよく使われており、筋線維内の構造的な特徴や収縮に関する特徴を合わせて考えることができます。

 プリントには簡単な一覧表を入れましたが、必ず自分なりの手書きの一覧表をつくって、どこが重要であるかをよく考えるようにしましょう。

 運動単位は、筋線維の集合体としての筋がどのように収縮しているかを考える上で必要な考え方です。筋線維の種類と運動ニューロンの特徴を合わせて考えるようにしましょう。それぞれの筋の役割を考えると、その筋がどのような収縮のしかたを求められているかが分かると思いますが、神経支配比を考慮することはこの筋の特徴を考える上で有効です。

 また、単収縮と強縮も試験で問われることの多い分野です。運動単位と一緒にしてよく見直しておくように。

 授業の最後に、反射について簡単に説明しました。年明けの授業では、脊髄や脳幹を反射中枢とした反射についていくつか事例を挙げて考えます。反射弓の構成をしっかりと頭に入れておいてください。