第28回 脊髄反射、脳幹による運動調節

試験前としては最後の授業でした。前半は脊髄反射として、自原抑制と屈曲反射・交叉性伸展反射を取りあげました。

自原抑制は、伸長反射・拮抗抑制と連続する現象ですが、受容器、求心路が異なります。遠心路、効果器は同じですが、生じる反応、効果は全く逆。このあたりをはっきりさせられるように、それぞれの反射弓を比較してみるといいでしょう。

合わせて、筋紡錘や腱器官の構造と機能も考えられるようにしておきましょう。

今日配布したプリントに比較できるような表を載せました。自分で空欄を埋めていって下さい。解答では、「拮抗抑制」の効果器とその反応が「拮抗筋の収縮」となっていますが「拮抗筋の弛緩」の誤りです。

屈曲反射と交叉性伸展反射はそれぞれの役割を理解した上で、後レらも反射弓をよく整理しておきましょう。この2つは受容器と求心路は共通しています。表在感覚全般が刺激となり得るという点では、よい復習の材料です。中枢である脊髄での介在ニューロンがやや複雑です。そして、遠心路と効果器の違いを区別できるよう見直しましょう。

後半は脳幹の機能のうち、脳神経かが関わっている運動反射をいくつか取りあげました。特に、対光反射(瞳孔反射)と前庭動眼反射の2つは、感覚器の最後に学んだ視覚機能、眼球運動が関わった反射です。わかりやすいと思いますが、関連させてよく見直しておいて下さい。

前庭動眼反射では平行感覚器の機能、役割を考える上でも役立つと思います。1度図を見ながら反射弓を説明してみましょう。少なくとも、頭部の運動に対してどのように遠心路と効果器が反応するのか、さっと判断がつくようにしておきましょう。

後期は時間の都合もあり、予定した範囲の途中までしかすすめませんでした。試験問題としてもやや偏った内容になってしまいますが、小テストや過去の問題をよく見直して、重要な現象や概念をしっかりと理解して、基本的な知識を正しく積み上げていけばどんな問に対しても正しい解答を得ることができます。しっかりと勉強して下さい。