第19回 感覚の特徴

今回は感覚機能に関する一般的な性質を取り上げました。
適合刺激は当たり前のようですが、化学物質のようにいくつかの受容器に対して適刺激となるものもあります。同じ物質が同じような反応を生じるわけではありませんが、ヒトへの進化の過程で獲得していった能力です。

感覚の投射は具体的な例を示した考えました。感覚機能を考える上で非常に重要な考え方です。

刺激の強さと感覚の大きさは、感覚機能が神経系の機能であるということを考えるとよく分かると思います。感覚が生じるためには「閾値」が存在し、刺激の大きさの変化を知るためには「弁別閾」が存在します。後半で取り上げた二点弁別閾も考え方としては同様です。感覚機能を考える上で常についてくる考え方です。
また、ウェーバーの法則も現実の問題を具体的に数式にするのは難しいかもしれませんが、弁別閾を理解する上でわかりやすいと思います。

来週以降、一つ一つの感覚機能を取り上げていきます。すべてにおいて、受容器への刺激がニューロンを興奮させ、これがどのニューロン、どの神経線維を通って中枢へ伝えられていくのかを考えます。そのためには、受容器の種類と一次ニューロンの関係をしっかりと理解している必要があります。受容器の構造と合わせて見直しておいてください。

表在感覚は身近でテストしやすいため、ヒトを対象として古くから研究されてきています。感覚点という考え方はヒトを対象とした研究の中から出てきたもので、その意味で有効です。その一方で、ヒトを対象とするが故に試せないこともあります。例えば、来週取り上げる「かゆみ」についての理解が進まなかったことなどです。感覚受容器の実体がどのようなものであるのかということは、動物実験や分子レベルでの解析の結果から明らかになってきました。授業ではこれらを織り交ぜて説明をしていく予定です。