第19回 深部感覚、伝導路

 はじめに周辺抑制について取り上げました。本来は第4章で説明した神経回路の一つとして扱うべきテーマですが、表在感覚の受容野で説明するのが最も分かりやすいと思います。

 表在感覚のように、刺激を受けた部位の局在をはっきりさせる必要がある場合、よりコントラストをつけた状態で情報を中枢へ運ぶことができます。したがって、それほど強い刺激ではなくとも、周囲との感覚の差がつきます。よくできたしくみだと思います。これまで国試で取り上げられたことはありませんが、受験勉強として全体を復習する場合には他の神経回路と一緒におさらいしておくとよいでしょう。

 さて、今回の中心は固有感覚の受容器、特に筋紡錘と腱器官です。いずれも、筋の状態を検知する受容器で、全身の筋と腱に分布します。

 筋紡錘は、筋線維の構造と感覚神経の種類を整理してまとめるとよいでしょう。特に重要なのは、Ⅰa群線維と核袋線維、核鎖線維がつくる一次終末です。静止状態(安静状態)の筋線維でⅠa線維はわずかにインパルスを発しており、これよりも長くなることによってより頻度高く興奮します。逆に、筋が収縮して短縮すると興奮の頻度が低下していきます。これに対して、腱器官は筋に張力が発生しているときに、同時に腱に張力が生じると反応します。プリントの図で、両者の反応性を比較した実験を示しました。非常に簡単なしくみで考えてよいと思いますが、よく見直しておきましょう。

 「見直す」とよく言いますが、決して「見ている」だけでは「直した」ことにはなりません。図を見ながら、自分の言葉で説明できるようにしておくこと。

 例えば、等張力性収縮の場合、あるいは等尺性収縮の場合に、筋紡錘と腱器官がどのように反応するのか、考えてみましょう。

 痛覚は来週改めてまとめますが、運動後筋痛についても、十分にコンセンサスの得られた説明はまだないようで、表在痛覚に比べると深部痛覚はまだわかっていないことが多いようです。

 後半で、体性感覚の伝導路について説明しました。クラスによって差が出ましたが、一次ニューロン、二次ニューロン、三次ニューロンと三つのニューロンが連続して情報を中枢で伝えます。中心は後索路、脊髄視床路、三叉神経視床路で、受容器の位置や種類によって伝導路が異なります。しかし、それぞれに共通点と相違点がはっきりしているため、きちんと整理すればわかりやすくなります。

 来週はさらに体性感覚の伝導路と伝導路の終着点である中枢について取り上げます。脊髄や脳に関してはの基本的な理解が必要ですから、前期・第4章(p163〜)で説明した内容や、第Ⅴ脳神経である三叉神経について、その構造や特徴について予習あるいは復習として改めてよく見直しておきましょう。