2018年度第27回 脊髄反射

 今回はスクリーンを2つ使って授業をしましたが、初めてでやや戸惑いながらでした。わかりにくかったところもあったかもしれません。

 運動機能はおおきく分けて5つある中枢、脊髄、脳幹、小脳、大脳基底核、大脳皮質(全体ではなく、運動性皮質と呼ばれる前頭葉の一部)に分けて、その機能を考えていきます。それぞれの構造は解剖学で学んでいると思いますのでよく見直しておきましょう。また、反射の機能や反射弓を理解する上では、筋紡錘、腱器官、さらにはα運動ニューロンなど、忘れていることがあれば必ず身につくまで復習を繰り返すこと。自分で何度も図を描き、構造や機能の特徴を声に出して説明する練習をしておきましょう。

 脊髄では運動機能を調節する最も下位の中枢です。意志が関わるような機能ではなく、反射の中枢として機能しています。運動という点ではすべての髄節の機能が等しいわけではありません。上肢と下肢を支配している領域が重要ですが、脊髄の頸膨大とよ腰膨大はニューロンの数も多く、より複雑な機能を営んでいます。

 今回は脊髄を中枢とするいくつかの反射を取り上げました。反射弓の考え方に慣れるということもありますし、そのために前期半ばで考えた神経回路の考え方を実際に活用していく必要があります。少しじっくりと説明をしたつもりです。

 伸張反射は単シナプス反射であり、また伸筋の多くに生じるという点で最もよく取り上げられます。除脳動物(多くは中脳のレベルで切断して回復させる)で、筋を伸張すると、その筋に張力が発生します。この筋に発生した張力は後根を切断すると消失するため、この作用が脊髄を介した反射によることが示されています。

 関節の伸展をともなうため、伸筋の拮抗筋である屈筋の弛緩が同時に生じます。これが拮抗抑制です。このように、拮抗筋の活動が抑制されることを相反性抑制といいますが、拮抗抑制はその典型です。それぞれの分野における典型的なものを正確に理解しておけば、いろんな応用が利きます。それぞれに必要な用語や語法も合わせて、伸張反射と拮抗抑制はくどいくらいに復習をしておきましょう。

 自原抑制(自原性抑制ともいいます)は、伸張反射/拮抗抑制よりは一段階高度ではありますが、おおきくこれら2つの反射によって筋の長さと張力の変化を補償し、姿勢の維持に貢献しています。

 屈曲反射と交叉性伸展反射は関わっている筋が多くなるため、反射弓全体を説明することはなかなか大変です。プリントでは、屈筋、伸筋とやや一般化して説明しました。その分理解しやすいと思いますので、これも自分の言葉で説明できるようにしておきましょう。

 今後も、今回のようにスクリーンを2つ使って授業を進めていく予定ですが、座席の都合で見にくい場合には、席を替わってかまいません。

 よい新年をお迎え下さい。