第20回 深部感覚、体性感覚の伝導路

今週は深部感覚と体性感覚の伝導路を取り上げました。

深部感覚では、固有感覚、特に筋紡錘と腱器官を受容器とする感覚に絞って詳しく説明しました。それぞれの構造、筋紡錘であれば錐内筋とそこに巻き付くようにして終止しているⅠa群感覚神経、腱器官であれば膠原線維とそこに絡みついているⅠb群感覚神経です。必ず図を描いてそれぞれの構造に名前をつけるようにしましょう。

筋は収縮、弛緩に伴って長さとかかっている張力の大きさが変化します。また、長さの変化のしかたにも時々で差があります。これらの変化量を神経の興奮頻度という形で中枢へ伝え、解析・処理された結果、全身の筋の状態を把握して、運動状態を知ることができます。

後半では先週と今週の前半で取り上げた体性感覚全般の受容器情報がどのようにして(あるいはどこを通って)中枢に伝えられるのかを概説しました。基本となるのは3つのルート、後索路、脊髄視床路、三叉神経視床路です。体性感覚全般の伝導路を、表在部位と感覚の種類で分けてまとめました。教科書のまとめ方とは異なりますので注意して下さい。脊髄網様体路は脊髄視床路の枝のようなルートですが、痛覚に特有のルートですから、特殊なものと考えた方がわかりやすいでしょう。

来週は伝導路によって興奮が伝えられるところ、中枢の機能の特徴を考えます。また、内臓感覚についても簡単に触れた後、痛覚について改めて特徴を考え直してみます。