2017年度 第29回 錐体外路、 自律神経系の特徴

 期末試験前最後の授業はやや駆け足になりましたが、重要なポイントはすべて説明しました。

 運動機能を調節する伝導路は、先週の授業で取り上げた錐体路系が何よりも重要です。錐体外路系はもう少し時間に余裕があれば説明できたのですが、今回は名称とルートの概略の説明だけにしておきます。錐体外路に障害が生じたときの症状は臨床で取り上げられると思いますので、よく勉強して下さい。広くは大脳基底核の障害も含めて考えます。

 今回の授業の中心は自律神経系、特に伝達物質と受容体、さらに中枢の機能です。

 遠心性神経ではたらく伝達物質はアセチルコリンとノルアドレナリンの2種類のみです。具体的にどこで作用するかはよく確認しておくこと、さらに、受容体の特性、特に交感神経と副交感神経の表手吉間、組織の細胞がもっている受容体はすべて代謝調節型です。したがって、器官、組織によって興奮性に作用する場合と抑制性に作用する場合があります。プリントの一覧表とこれまでに生理学2&4で学んだ内容を手がかりに、よく見直しておくこと。

 授業では、特に交感神経系の作用について、受容体の種類や分布を広くまとめて説明をしました。交感神経系が優位なときの状態がしっかりと考えられれば、全体の仕組みがよく理解できると思います。

 後半では、自律神経系の中枢である脳幹と視床下部の機能をいくつか抜粋して説明しました。それぞれの部位の役割と、授与期・感覚神経からの情報を受けてどのような調節が起こるのかを一つ一つ確認しておきましょう。心臓や血管の機能、対光反射、体温調節、血糖値などの調節などは交感神経系と副交感神経系の役割分担がはっきりとしています。摂食や飲水に関しては内分泌系との関わりも重要ですが、視床下部が中枢としての役割を果たしていることをよく頭に入れておきましょう。