第29回 脳幹と小脳、大脳基底核の機能

期末試験の結果を返却できず申しわけありませんでした。

さて、今回は運動機能の中枢のうち、脳幹の姿勢調節をはじめに取り上げました。やや舌足らずな説明になってしまいましたが、それぞれがどのような刺激によって身体のどの部分が反応するのかを理解しておきましょう。2年生でもう少し詳しく勉強できると思いますが、生理学では受容器の性質や反射弓をよく見ておいてください。

小脳と基底核についてはやや抽象的な説明しかできませんでした。将来、いろんな運動失調をもつ患者さんと出会うことになると思いますが、原因に対する知識の幅が広いほど治療の幅も広がると思います。是非いろんな自分で異論案問題を設定して考えてみてください。

授業の最後でジストニアという疾患について取り上げました。以前に
ここで少し紹介しましたので、時間のある方はご覧ください。