2016年度 第14回 交感神経系と副交感神経系

 1週間たってしまい、皆さんはすでに夏休み期間に入っていますね。遅くなりましたが、先週の授業の内容を簡単にまとめます。

 交感神経と副交感神経は血管を含めた内臓器官のはたらきを調節する神経系です。生理学2で学ぶ、各器官系の神経性調節を担っています。本当は内臓求心性神経の働きも加える必要がありますが、勉強の中心はやはり、遠心性神経ということになるでしょう。

 交感神経系と副交感神経系が器官機能を調節するしくみは、3つの特徴を押さえて考える必要があります。二重神経支配、拮抗支配、そして自発性活動です。これらの意味が分かって、2つの神経系それぞれの作用を知れば、後は組み合わせて当てはめていくだけです。すでに学んだ循環器系(心臓と血管)、呼吸器系(肺、気管・気管支)のについて、よく考えてみましょう。特に、2つの神経系の作用によって血圧がどのように調節されるのか、考え方を理解し、説明のしかたを考えていく上でよいモデルになると思いますので、各自で取り組んでみましょう。

 合わせて、神経伝達物質についても、どこで何がはたらいているのかを見直しておきましょう。興奮性シナプスと抑制性シナプス(授業では興奮性の場合を取り上げました)についても、合わせて当てはめてみましょう。

 夏休み明けは、骨格筋について取り上げます。筋細胞の構造を理解した上で、筋が収縮・弛緩するしくみを筋細胞の細胞小器官のはたらきや微細構造のレベルで考えます。さらに、筋細胞は大量のエネルギーを消費します。つまり、他の細胞よりも多くのATPを要求します。このATPをどのようにまかなっているのか、を考えます。

 夏休み中もこれまで同様に随時質問を受けますが、休暇を取っていて出勤しない日も多いため、返事は遅くなるかもしれません。あしからず。