2016年度 第6回 細胞分裂とDNAの複製、遺伝子

 今週は細胞の「増殖と分化」を理解する手がかりとして、
・細胞がどのように分裂するのか。
・遺伝情報を保存する実体であるDNAはどのような構造であるか。
・細胞分裂に伴ってDNAはどのように振る舞うのか。
を考えました。

 細胞分裂については高校の生物のほうが詳細に取り上げられています。高校の教科書や資料集などが手元にあれば、一度見直してみるといいでしょう。生理学の授業では、核とその内部のDNAがどのように振る舞うのかを中心に分裂現象の概略を説明しました。知っておくべき用語もいくつかありますが、分裂の様子を頭に思い浮かべながら見直しておきましょう。

 DNAの構造は『生理学のための化学』に解説しました。複製のしくみも合わせて熟読してください。相補的な塩基が向かい合った二重らせん構造であることが、細胞分裂に伴って正確に複製される、すなわち、DNAが遺伝子の実体であると言うことの前提です。DNAが二重らせんであることが分かったのは20世紀の自然科学上の最も重要な発見の1つであり、今や、生命現象を考える上で不可欠の知識です。

 DNAはポリヌクレオチド鎖が相補的な塩基どうしで向かい合っていますが、このポリヌクレオチド鎖はどれだけでも長くすることができます。ヒトには46本の染色体があり、それぞれが2つ染色分体よりなっています。各染色分体は一つながりのDNAでできています。授業の最後に取り上げた22番染色体(正確には一方の染色分体分)は4千8百万塩基対で、これだけ一つながりになっています。

 時間の都合であまり詳しく触れませんでしたが、『一家に一枚ゲノムマップ(Genome Map)』にはいろんな情報があります。字が小さくて見にくいですが、ここの染色体に描き込まれている遺伝子名、タンパク質名はともかく、下部の説明などには目を通しておくといいと思います。また、特別に取り上げられている遺伝子・タンパク質はいずれも生理学上重要な機能を担っているものばかりです。中には、その欠損や変異が重大な疾患の原因となっている遺伝子もあります。今後の学習の参考にもなると思いますので、時間のあるときに調べてみるといいでしょう。


 宿題の提出期限を伝え忘れました。来週の授業の前に、クラスごとにまとめておいてもらえると助かります。