第12回 神経線維と興奮の伝導、シナプスでの興奮の伝達

やや遅くなりましたが、先週月曜日の授業の要点をまとめてみます。

解剖学でも学んでいるように、神経組織の構造はニューロンの細胞体や樹状突起などが多く集まっている部分と神経線維、特に有髄線維が多く集まっている部分では見た目が異なります。さらに、機能を考える上でも、両者は区別した方がわかりやすいことが多いため、灰白質と白質をしっかりと区別して考えます。脳と脊髄でそれぞれどこが灰白質で、どこが白質であるのか、自分で図を描いて頭に入れておきましょう。

神経線維は髄鞘の有無によって分けますが、互いの構造の違いを伝導の仕組みの違いに結びつけて理解しておきましょう。そうすれば、伝導速度による詳細な分類も単に名称だけの問題です。

化学シナプスでの興奮の伝達という現象に対する理解は、生理学を学んでいく以上、あらゆる場面で必要です。すでに心臓や血管の神経性調節について学んだと思いますが、ここでも興奮が伝達されて初めて効果が発揮されます。興奮性シナプスと抑制性シナプスの違いは、シナプス後細胞にどのような変化が生じたかによって生じます。脱分極と過分極という現象について不確かな場合は改めてよく復習してください。

シナプスでの興奮の伝達をうけて、シナプス後細胞に活動電位が生じるためには加重が必要です。