第27回 脊髄反射、脳幹を中枢とする反射

 BCとAで進捗が異なりますので、両者を合わせた内容で記します。

 プリント中に「伸張反射」の記載が一部で「伸長反射」となっているところがあります。誤りですので訂正してください。たいへん失礼しました。


 自原抑制は腱器官が反応してはじめて生じる反射で、伸張反射を生じた同名筋を弛緩させる反射という意味で命名されています。伸張反射と連続して生じるということを頭に入れておくと、より理解しやすくなると思います。

 例に挙げた膝関節の伸張反射(膝蓋腱反射)・拮抗抑制に連続する膝関節の屈曲は、同名筋と拮抗筋をともに考えました。中枢である脊髄には興奮性介在ニューロンと抑制性介在ニューロンが存在し、感覚神経であるⅠb線維と運動ニューロンの間に介在しています。このことによって、拮抗筋が収縮するとともに、同名筋が弛緩します。

 誘発筋電図は実際に実験できるとよいのですが、簡単なものですからYouTubeなどで配信されているかもしれません。授業ではヒラメ筋を例にしましたが、他の筋でも同様のはずです。時間があれば探してください。

 H波は感覚神経が刺激されて反射弓と同様の回路を通じて生じている筋収縮を示していますが、M波は筋を支配する運動神経線維は直接刺激されて生じています。グラフに示された時間差に注目すると、反射経路がをインパルスが伝わる様子が想像できるかもしれません。

 屈曲反射と交叉性伸展反射は、それぞれがいくつかの筋の収縮、弛緩をともなう大きな現象です。この点では伸張反射、拮抗抑制とは異なります。反射弓もすべてを説明するのは難しいですが、
  屈曲反射は屈筋が収縮して伸筋が弛緩する
  交叉性伸展反射は伸筋が収縮して屈筋が弛緩する
と考えれば、両者が対側肢に対して同時に生じるものとして単純に理解できるでしょう。

 中枢では興奮性介在ニューロンと抑制性介在ニューロンが関わり、さらに、これらの介在ニューロンが髄節をまたいで感覚神経線維と運動ニューロンをつないでいます。

 皮膚反射の例は教科書にもいくつか示されていますので、時間のあるときにフォローしておきましょう。また、四肢間反射は歩行に関する脊髄の役割については2年生の運動学などで取り上げられるかもしれません。

 後半は囊を構成する部位の中で最も脊髄に近い脳幹を取り上げました。解剖学的には脊髄は大脳、小脳などに比べると特徴のない構造ですが、機能は多彩です。今日取り上げた運動機能だけではなく、自律機能の中枢として、また、高次機能にも関わっていますので、年明けの授業で順次触れることになります。

 脳幹が中枢としての役割を演じている運動機能として特に重要なのが、前庭を受容器とする反射です。嚥下なども医療的には極めて重要な機能ですが、姿勢の調節に関わる機能がまず第一でしょう。

 眼球運動はいろんなカテゴリーに分けて考えることができ、とてもすべてを説明することはできません。授業では前庭動眼反射と視運動性反応を取り上げました。

 具体的な反射弓はもちろんですが、まずはこれら2つの反射の相違点を押さえておきましょう。前庭動眼反射は、頭部の素早い動きに前庭器官、特に半規管が反応することによって生じます。一方、視運動性反応は、ゆっくりとしたまたは等速の運動に対して網膜が反応して生じる反射です。したがって、求心路は前庭神経と視神経という違いがあります。ただし、中枢以降、遠心路と効果器は同様です。前庭神経核から興奮性介在ニューロンと抑制性介在ニューロンを介して、外眼筋を支配する運動ニューロンが興奮または抑制された結果、筋が収縮または弛緩します。

 前庭動眼反射については、授業で説明した水平半規管が刺激を受容したモデルで、反射弓を考えてみましょう。

 姿勢を調節するしくみとしては、前庭頸反射と頸反射の2つを取り上げました。前者は前庭が受容器となり、効果器は頸筋です。後者は固有受容器が受容器となって四肢が効果器です。

 年明けの授業では
  3.脳幹による運動調節のうち、6.歩行運動の調節
は割愛します。そして、小脳、大脳基底核に入ります。それぞれの構造と機能の外力を頭に入れておきましょう。