第7回 遺伝子発現

今回は遺伝子発現について、遺伝子の構造から転写、翻訳、タンパク質の輸送までを考えました。

長年、何らかの形で遺伝子にかかわって研究を続けてきましたが、遺伝子の概念はこの10年で大きく変化しました。

以前は、遺伝子とは単にタンパク質のアミノ酸配列をコードする領域と考え、ゲノムの約2%程度を占めているにすぎず、DNAのほとんどがジャンクであるとされていました。しかし、DNAのほとんどの部分がRNAに転写されていて、トランスファーRNAだけではなく、さまざまなRNAが生物学的に重要な機能を担っていることが明らかになってきました。したがって、生物学的な機能を担っているのだからこれらも遺伝子と考えてもいいのではないかと考えられています。

授業ではタンパク質のアミノ酸配列の情報を保存している領域を中心に遺伝子を考えて、『約30000個』としました。今後さらに概念が変化していくかもしれません。皆さんも、常に勉強する姿勢を失わず、さらに柔軟な思考を維持していきましょう。

転写や翻訳のしくみは教科書の内容を大きく越えて説明をしました。テレビの一般向けの特集番組などでもかなり突っ込んだ説明をすることがあります。治療家といえど、患者さんからみれば『専門家』です。今回の授業内容程度は理解しておきましょう。

プリントの図を見ながら自分で説明をしてみるとよく身につくと思います。DNAとRNAでの塩基の使い分けや、翻訳に関わる小器官、mRNAの振る舞いなどは現象全体の重要なポイントですし、国試でも問われています。このあたりを中心にしっかりとおさらいをして下さい。

今年卒業した学生の1人が、重い病気のために高度医療による治療を受けることになり、医者がいろんな説明をしてくれたそうです。そのときに、DNAやRNAなどの言葉を使って説明されたようで、その学生は授業で学んだ内容でいろんな質問をしたら驚かれたと言っていました。


来週は、物質が細胞の内外を移動するときに、どのように細胞膜を通過していくのかについて取り上げます。