第21回 体性感覚の中枢、内蔵感覚、痛覚の特徴

今週は体性感覚の中枢と内臓痛覚を中心に取り上げました。いずれもその特徴をよく理解して、自分の言葉で説明できるようにしましょう。

視床は体性感覚だけでなく、聴覚や視覚の伝導路においても中継所として機能します。神経核は異なりますが、役割や共通しています。

一次体性感覚野の体部位局在再現は、「感覚の敏感な部位ほど広い」と言葉だけをみるのではなく、プリントの図で具体的にどの部位にどれだけの広さが割り当てられているのかを確認してください。一度よく見ておけば自然に記憶に残るでしょう。

内臓痛覚は説明が具体的ではなかったと思いますが、『痛み』の特徴を表在痛と比較して考えておけばいいと思います。また、関連痛(放散痛)は重要な現象ですから、いくつかの部位とそのしくみも分かるようにしておきましょう。

痛覚についていくつか補足をしましたが、内因性オピオイドと痛覚抑制系は3年生で改めて取り上げられるはずです。痛覚過敏はよく体験することですから見直しておいてください。

最後に味覚と嗅覚の特徴を説明しました。基本味に関しては強化の記載とやや異なっています(つまり、国試の出題内容と異なります)ので注意してください。来週は味覚器と嗅覚器の構造と機能、それぞれの感覚の伝導路を取り上げます。時間があれば聴覚に入りますが、プリントの順と異なり、聴覚器の構造を先に説明します。いずれも解剖学で学んでいる内容を土台にしますので、一通り復習しておいてください。