2018年度 第14回 交感神経系、副交感神経系の構造と機能、筋の種類と特徴

 夏休み前最後の授業でした。
 自律神経系の機能に関する学習は交感神経系と副交感神経系の二つの遠心性神経が中心です。それぞれの構造を頭に入れた上で、機能の違い、つまり、器官の機能に対してどのように作用するのかを理解していきましょう。

 今回は具体的な作用のしかたまでは取り上げませんでした。循環器系、呼吸器系、消化器系、泌尿器系の機能を一通り学んでからのほうが分かりやすくなると思いますので、後期の最後に復習をかねて説明します。まずは、それぞれの神経系の作用の一般的な特徴をしっかりと考えられるようにしましょう。「交感神経系が優位である」あるいは「副交感神経系が優位である」という状態で、どのような機能が促進または亢進するのか。逆に、抑制または低下する機能は何かを理解しましょう。その上で、具体的に、核器官系あるいは期間後のと機能を考えていくとわかりやすいのではないでしょうか。

 すでに学んでいる循環器系や呼吸器系をモデルにして考えてみると、生理学Ⅱの復習にもなり、一石二鳥です。循環器系では、心臓と血管の状態が、交感神経系優位なときと副交感神経系優位なときでどのように変化するのかは最もわかりやすいのではないでしょうか。血圧の調節機能とも密接に関わっています。多の器官系も含めて、教科書の204、205ページには、各器官に対する作用が簡単にまとめられていますので、参考にするとよいでしょう。

 血管に対する神経支配は、授業で説明した二重支配とは異なります。多くの血管は主に交感神経系だけによって支配されていて、血管平滑筋に対する作用もやや複雑です。循環器系について勉強する場合には、教科書206ページも参考にするとよいでしょう。後期の授業では、これらについても取り上げる予定です。

 心筋と平滑筋については簡単な説明しかできませんでした。プリントには3種類の筋の共通点と相違点について一覧にしてまとめています。すでに学んだ内容を多く含まれているはずですから、各自で確認しておくように。

 自律神経系ではたらく伝達物質については、今回は二つの物質を取り上げるにとどめました。実はそれぞれの受容体の機能を考えることがより重要ですが、これは後期にゆずります。

 骨格筋の構造までは説明しておきたかったのですが、やや時間が足りませんでした。夏休みが明けると授業は2回しかありません。しかも、実技の試験や学科の試験準備と並行することになります。夏休み中にしっかりと予習をしておきましょう。

 過去の期末試験問題も掲載しています。自分でよく見て、回答するにあたって不十分であると感じることがあればよく復習をしておくように。