2016年度 第29回 大脳基底核、大脳皮質、伝導路

 遅くなりましたが、先週の授業の要約をしておきます。
 大脳基底核、正確には基底核群といった方がいいかもしれません。いくつかの神経核が組み合わさって機能しています。ただ、正常機能をすっきりと説明することができませんので、授業では、特定の神経核のニューロンが変性・脱落した場合にどのような症状が出現するのかを考えて、その部位の機能を推測しました。

 取り上げたのは神経回路の修飾部である黒質網様部のドーパミン産生ニューロンが脱落することによって生じるパーキンソン病と、入力部の一部である尾状核の抑制性ニューロンが脱落して生じるハンチントン病です。特に、パーキンソン病については根午後どこかで取り上げられるでしょう。高齢者に突発性に生じ、患者数の多いですから、症状のみならず、原因についても頭に入れておきましょう。

 大脳皮質の運動性機能については、伝導路ともども非常に重要です。しっかりと見直しておくように。

 一次運動野はその特徴がはっきりしていてます。一次体性感覚野の特徴と共通点が多く、理解しやすいと思います。自分の言葉で説明できるようにしましょう。伝導路、特に皮質脊髄路の特徴と合わせて考えるとよりわかりやすくなるでしょう。プリントに載せた図は、両者をともに考えるのに丁度いいと思います。

 補足運動野や運動前野はまだ分かっていないことも多いのか、機能が複雑なのか、一次運動野ほどはっきりとした説明はできません。これら2つの領野も、基底核と同様に、障害を例にして考えてみました。

 伝導路については錐体路系の2つの伝導路をまず理解しましょう。特に、皮質脊髄路は支配する領域が広く、外側路と腹側路で交叉する位置が異なるため、注意が必要です。図を見ながら、あるいは図を自分で描いてみてよく見直しましょう。経路の特徴を自分の言葉で説明できるようにしておきましょう。

 脊髄の伝導路は体性感覚の2つの伝導路、すなわち脊髄視床路と後索路も合わせてよく見直しておきましょう。これらも交叉するという点で似ています。

 期末試験が迫っています。1回の試験で何もかもを問うことは不可能です、当然、より重要なポイントについて理解できているかどうかをと言うことになりますが、重要なポイントは毎年同じです。過去の問題を精査すれば分かることですが、結局問うているのは同じことです。やや切り口が異なっているだけですから、1つの内容をしっかりと理解していれば十分に対応できるはずです。 

Good Luck!