第14回 自律神経頚の構成と機能

 今回は自律神経系、特に遠心性神経である交感神経系と副交感神経系の構成とはたらきを簡単にまとめました。自律機能のうち特に重要な機能である循環器系や呼吸器系の機能を学んでいるので理解しやすいでしょう。また、それぞれの神経性調節を考えるにあたって、交感神経系と副交感神経系の特徴を押さえておくとわかりやすなるはずです。

 交感神経系と副交感神経系の構成は図を見ながら各自でよくおさらいしておくこと。詳細は解剖学でも取り上げられるはずですが、概略だけでもよいので早めに頭に入れてしまいましょう。ポイントは、節前ニューロンの細胞体がどこにあるか(言い換えると節前線維がどこから出ているか)、自律神経節がどこにあるのか(言い換えると節後ニューロンの細胞体がどこになるのか)の2点です。特に、交感神経系はやや複雑なところもありますので、いくつかピックアップして自分でなぞってみましょう。また、副交感経を含んでいる4つの脳神経は直ちに頭に入れておくように。

 交感神経系と副交感神経系による調節には3つの特徴がありました。用語も重要ですが、何を意味しているのか、具体的に考えられるようにしておきましょう。授業では心臓、特に血圧の調節機能を例に挙げて説明しました。心臓そのものを理解していることが前提ですが、交感神経優位あるいは副交感神経優位な状態がつくられたときに刺激伝導系や固有心筋がどのような反応を示すのかをよく考えられるようにしておきましょう。

 血圧が上昇した場合の調節については生理学Ⅰプリントp31に、ネガティブフィードバックのよい例としてフローチャートがあるので必要であれば参考にすること。

 夏休み明けには筋、特に骨格筋細胞の構造と機能を取り上げます。ニューロンと並ぶ興奮性細胞の代表です。すでに学んだ心筋の機能とも共通するところがあるので、単に骨格筋として予習するだけでなく、心筋について復習するつもりで全体を見ておくと、より理解が深まるでしょう。

 前期のポイントは細胞の構造と機能、特に細胞膜を介した物質の移動です。そして、この物質移動は、単に細胞の生存のためというだけではなく、それぞれの細胞機能を実現する上で必須です。膜電位の変化、例えば活動電位がそのよい例です。そして、この活動電位が生じるからこそ、膜電位が変化するからこそ、ニューロンに興奮が生じ、この興奮によって神経系は全身の器官機能を調節することができます。

 細胞膜を介した物質移動を考えるためには、細胞膜の構造はもちろん、膜タンパク質、さらに遡ってタンパク質とはどのようなものかなどを理解している必要があります。また、輸送の方法にもいくつかの種類がありますが、その違いを理解するには輸送される物質の構造や性質を知っている必要があります。

 どこを入口にしてもよいですが、そこから内容を広げて一つ一つをしっかりとおさえていきましょう。他人の書いたもの、つくったものを眺めていても頭には入りません。何かを覚えるためには、何を覚えるのかを自分ではっきりさせて、どうすれば覚えやすいかを考え、さらに、覚えやすいものあるいは状態を自分でつくることです。これら一連の作業が勉強するということであり、その結果理解がうまれます。