第28回 小脳の機能

遅くなってしまいました.

今週は雪の影響もあって、特に1限目の出席者が少なかったので、やや雑談も交えながら、小脳の機能に絞ってゆっくりと進めました.

小脳は、随意運動を協調させ、運動に関する(いわゆる身体で覚えるような)学習や記憶に重要な器官です.障害などに触れながら具体例をいくつか取り上げました.ざっと見直しておいていただければいいかと思います.

小脳に原因する障害は、運動失調という形で現れることが多いのですが、神経内科などで多く取り扱われています.ただ、他の内科的な疾患と違い、いったん障害を持ってしまうとなかなか直すことはできません.現在は再生医療などによって何とかならないかという挑戦が続いています.