第19回 体性感覚の伝導路、痛覚(イントロ)

C組は学級閉鎖明けということで、やややりにくかったかもしれません.他のクラスも十分に気をつけてください(といっても限界がありますが).

今日は体性感覚の伝導路と中枢を取り上げました.授業中にも大事なところはよく復習しておくようにといいましたが、改めて確認します.

後索路と脊髄視床路は、それぞれがどのような刺激によって生じた興奮を伝えているのか(あるいはどのような感覚を生じさせる情報を伝えているのか)、それぞれ区別してください.また、受容器と一緒に神経線維の種類も確認しておきましょう.

一次ニューロンの細胞体はいずれも後根神経節ですが、一次ニューロンの軸索の通路と二次ニューロンの細胞体の場所を間違えないように.もちろん二次ニューロンが交差をしていることは非常に大切です.これがために、刺激を受ける側と一次体性感覚野が互いに左右反対になってしまいます.
自分で図を描いてみるとすぐに覚えられると思います.

視床は特殊感覚の伝導路でも何度か出てきます.授業でも触れたように、たくさんの神経核の集まりですので、その機能も多様です.
一次体性感覚野については、その支配の特徴を自分の言葉で説明できるようにしておいてください.

脊髄小脳路については詳しく触れませんでした.小脳の機能は「運動機能の調節」のところで取り上げますので、ここであわせて説明します.

さて、痛覚については本当にイントロしかできませんでした.来週は体性痛を中心に、侵害刺激の受容器とその後の伝達について取り上げます.深部痛と内臓痛にも触れます.次の特殊感覚にも入ると思いますので、プリントを忘れないようにしてください.

第18回 深部感覚

今回のメインは、筋紡錘を中心とした固有感覚の受容器の構造と機能です.
プリントの図を見ながら錘内筋線維とそこにある感覚神経と運動神経について説明できるように復習してください.最も重要なのはIa群感覚神経が筋線維の収縮・伸展に伴ってどのような反応をするのかということです.余裕があればガンマ運動ニューロンの働きについてもいろいろ調べてみてください.

授業の最後にもいいましたように、来週は伝導路と中枢について取り上げます.脊髄や脳の解剖学がわかっていないと理解できませんので、しっかりと復習してから授業に臨むようにしてください.

インフルエンザの感染が広がりつつあるようです.皆さん、手洗いやうがいなど十分に予防策をとってください.

第17回 感覚器と興奮の伝達、表在感覚

先週のハプニングのため、ABCで小テストは内容を少し変えて実施しました.また、今日の授業内容も一部異なっていますので、次回の小テストの範囲はそれぞれの授業内容に従ってください.

さて、最初に取り上げた「受容器と興奮伝達」は抽象的な内容でしたが、各感覚受容器とその受容器からの情報を中枢へ伝える伝導路を考える上で大切な考え方ですので、よく見直しておいてください.一次ニューロンとか二次ニューロンとか、説明なしで使います.

感覚機能、特に表在感覚は経験を生かしながら理解できるところが大きいと思いますが、それぞれの受容器が具体的にどんな刺激に反応するのか、また刺激によって生じた興奮を伝える神経線維の種類を区別してしっかりと覚えてください.3年生で『鍼・灸理論』という授業で同じような内容を再度取り上げられることになると思います.

触圧覚は受容器が多いのですが、プリントの図や表を参考によく見直してください.
ルフィニ終末が皮膚の変形の大きさに反応し、パチニ小体が皮膚の変形に当たっての加速度に反応するということについて詳しく説明をしたつもりでしたが、わかったでしょうか? それぞれが何に反応するのか、順応性にどのような違いがあるのかがポイントです.
また、2点弁別閾もよく復習しておいてください.

温度刺激は比較的実験がしやすいのか、授業でも触れたように、分子レベルでの研究が進んでいます.たぶん『温度』という指標が非常に客観的なので、実験が再現しやすいのではないかと思います.

後期は休みが多く、来週も祝日で1回休みです.再来週まで待って復習するのではなく、できるだけ早めに1回よく見直して、直前に再度確認するようにしてください.