2017年度 第26回 脊髄反射

 少し時間がたってしまいましたが、年末最後の授業を簡単にまとめます。

 脊髄を中枢とする運動調節機能、すなわち脊髄反射を取り上げました。具体的に考えていくときりがないため、特徴的な反射をいくつか取り上げて説明しました。あわせて、反射というものがどのような現象で、その神経回路である反射弓をどのように考えていくのかを身につけられるように、代表的な例を挙げました。

 伸張反射は単シナプス反射であるため、最も反射弓を考えやすいと思います。授業では膝蓋腱反射を例にしましたが、全身の多くの伸筋に生じる反射です。むしろ、膝蓋腱をたたかれることなど、日常的に生じることではありません。むしろ、歩行などの動作の中で大腿四頭筋が伸展する場合を思い描いた方が現実的でしょう。

 解剖学でも学んだと思いますが、関節の伸展や屈曲に関わる筋のはたらきは運動を考える上での基本だと思います。また、感覚受容器や神経の種類など、忘れているようなことがあればよく確認しておきましょう。

 伸張反射は決して単独で生じる現象ではありません。反射弓の基本が理解できたら、拮抗抑制や自原抑制をあわせて考えるようにしましょう。人体で生じている生理現象はすべてが連関しています。やや単純な例ではありますが、実感できるのではないでしょうか。

 屈曲反射と交叉性伸展反射も同時に生じます。中枢はやや複雑で、図によって描き方に差がありますが、介在ニューロンの種類によって、遠心性神経が興奮するのか抑制するのかを区別できるようにしておきましょう。

 年明けの授業では、脳幹を中枢とした反射を取り上げます。特に、眼球運動に関する反射が最も重要で、少し時間をかけて説明します。眼球の運動を司る6つの筋とそれらを支配する3つの運動神経について見直しておくように。

よい年をお迎えください。