第12回 興奮伝達のしくみ、神経系のしくみとニューロンの構造

前半でニューロンが興奮を伝達するしくみを説明しました。ここで取り上げたシナプスは化学シナプス、つまり神経伝達物質が仲立ちとなって興奮を伝達するシナプスです。

参考までに、化学シナプスの他に電気シナプス(電気的シナプス)があります。神経系では例外的なもので、授業では取り上げません。ただ、生理学2で学んだ心筋と心筋の間での興奮の伝達は、隣り合った心筋細胞がつくる介在板にあるギャップ結合をイオンが通過することによって生じます。このしくみが電気シナプスです。

化学シナプスは構造をしっかりと理解した上で、軸索終末まで伝導してきた興奮がどのようにして伝達されるのかを考えるようにしましょう。プリントに重要な構造を箇条書きにしてまとめましたので、自分で図を描くなどしてしっかりと頭にいれること。その上で、一つ一つの現象がどのように進んでいくのかをしっかりと確認するように。

後半は、神経系の構造と機能をおおざっぱにまとめました。中枢神経系と末梢神経系の役割分担について、また、体性神経系と自律神経系のちがいについて、今後具体的に少しずつ取り上げていきます。解剖学で学んだことと合わせて、まずは全体の構成をしっかりと頭に入れてください。

すでに循環器系の機能調節の中で自律神経系の機能について学んだいると思います。やや遅くなりましたが、再来週の授業で、この自律神経系のはたらきについても概観する予定です。


夏休みのレポート課題のブルーバックスの見本は高柳先生のお預けしました。閲覧したい場合は職員室に行って申し出てください。