第3回 生体の恒常性と体液 

今日は「生体の恒常性」について、その概念を体液を例にして考えてみました。

授業で説明したように、「恒常性」、「ホメオスタシス」という考え方は生理学の土台です。この概念を理解するために学ぶと言っても過言ではありません。そもそもどのような考え方であるのか、用語の整理とともに、しっかりと確認しましょう。また、生理学ではそれほど多くの人名が出てくるわけではありませんが、ベルナールとキャノンはその業績共々覚えておきましょう。

体液の量や組成がどのように調節されているのかは今後の課題として、正常ではどのように区分され、それぞれがどれくらいの量で、その組成はどうなっているのか、生理学的な知識の一部としても、そして今後の学習にとっても必須事項です。具体的にいくつかの数字や電解質の名称、組成に関して説明しました。プリントp24の2つの図は非常に重要です。細胞内、細胞外のそれぞれで最も多い陽イオンと最も多い陰イオンの合わせて4つはすぐに出てくるようにしましょう。

体液に関わる調節のしくみとして、pHと体液量についても取り上げました。pHの概念は各自で勉強してもらうことにしますが、「緩衝系」という調節機構が存在すること、そして、これが正常に機能するために多くの器官系が働いていることを押さえておいてください。呼吸器系、循環器系、泌尿器系、内分泌系でそれぞれ取り上げられるはずですが、体液のPHのホメオスタシスを維持するためのしくみであるという大きな現象の一部分であるということを理解して勉強を進めましょう。

こうしたホメオスタシスを維持するためのしくみの基本は「負のフィードバック機構」です。概念は分かってもらえたと思いますので、一つ一つの仕組みを理解する場合に、それぞれのしくみの中で何が、あるいはどこが受容器、中枢、効果器として機能しているのかをよく考えるようにしましょう。

授業中に「血漿中のタンパク質は?」と質問しました。習う科目は異なりますが、こうした問にも直ちに反応できるよう日頃から復習をしっかりとしておきましょう。

来週は化学反応と生体におけるエネルギー源であるATP、そして細胞の構造と機能へ入ります。最初は「細胞膜」について考えますので、「生理学のための化学」のうち、
6.脂質の構造と特徴
をよく読んでおくと理解が進むでしょう。