「細胞」とは? 1

 「細胞」とは「cell」の訳語としてつくられた語です。そもそも「cell」とは 修道院での修道士や修道女たちの個室、あるいは隠遁するための庵を表した語で、ラテン語で「小さな部屋」などを意味する”cella”に由来するそうです。中世には監獄の各房を表す語としても用いられたようですが、17世紀にはハチの巣の房室や植物の構造に対しても用いられていたようです。(Online Etymology Dictionaryを参考にまとめました)

 さて、「cell」という語が現在の「細胞」に近い意味で使ったのは、同じく17世紀、イギリスのロバート・フック(robert Hooke。1635~1703)です。フックは最初の顕微鏡を発明してさまざまなものを観察しているほか、バネの伸びに関する弾性の法則(フックの法則)を発見したことでも知られています。彼の顕微鏡を使った観察図を集めた「ミクログラフィア(Micrographia、顕微図譜)」という書物の中に有名なコルクのスケッチがあります。ここに描かれた一つ一つの小さな箱のような部分に対してフックは「cell」という語を当てて報告しました。(MicrographiaはWebで閲覧することができます。ここ(http://www.gutenberg.org/files/15491/15491-h/15491-h.htm)でひらいて、Schem11 にある図を見てください)

 我々が製品として目にするコルクは、コルク樫の樹皮をはいで乾燥させたものです。したがって、フックが顕微鏡で見た「cell」は、細胞(正確には原形質)が抜け落ちて周囲の細胞壁だけが残ったもので、「細胞」ではありません。しかし、「cell」という言葉を提唱し、意味は変わってもその後も使い続けられているという点で、大きな意義があったと思います。

 フックと同時代に顕微鏡を開発したオランダのレーウェンフック(Antonie van Leeuwenhoek、1632~1723)は赤血球や精子などを観察していたようです。そして、現在につながる「細胞はすべての生物の構造および機能の単位である」(岩波生物学事典)という考え方(これを「細胞学説」といいます)を提唱したのがドイツのシュライデン(Matthias Jakob Schleiden、1804~1881)とフランスのシュワン(Theodor Schwann、1810~1882)です。彼らも「cell」という語を使って自らの発見と考えを報告しました。