2017年度 第13回 自律神経系の構造と機能

 やや遅くなりましたが、夏休み前最後の授業で取り上げた自律神経系を簡単にまとめてみます。

 構造は解剖学で学んでいるはずですので割愛しました。交感神経系では交感神経幹神経節と椎前神経節が使い分けられています。また、交感神経幹神経節の前後をどうやって通過していくのか、標的とする器官の部位によって異なっています。プリントp153の図(解剖学の教科書にも同様の図があります)をよく見て確認しておきましょう。副交感神経系は脳神経、骨盤神経と大きく分かれており、それぞれの支配領域もある程度はっきりと分かれています。分かりやすいと思いますが、それだけに抜けなく頭に入れておきましょう。

 また、それぞれで作用している伝達物質も押さえておくように。ほとんど例外がないため簡単だと思います。そして、これら伝達物質の作用、特に節後ニューロンから標的器官への作用によって、器官の機能が調節されています。授業では、みんながすでに学んでいる循環器系や呼吸器系を例に挙げて説明しましたが、今後学ぶ消化器系、泌尿器系に対しても神経性調節を考えていく必要があります。交感神経系と副交感神経系のいずれが優位となったときにどのように変化するのかを、授業で説明したような一般的な傾向とともに各器官、器官系の機能が具体的にどう変化するのかをよく考えるようにしましょう。生理学を学んでいく上で特に重要な内容です。

 夏休みの宿題について、何か分からないことがあればいつでも質問してください。できるだけ速く返事をするようにします。合わせて、ここまで学んだ細胞の構造と機能についてもよく復習しておきましょう。プリントに練習問題も入れています。重要事項のまとめを兼ねていますので、是非参考にしてください。

 夏休み明けで骨格筋の構造と機能を取り上げます。