2016年度 第23回 平衡覚、視覚

 今週は前半に小テストを行いました。問題と解答は別途掲載しましたので、各自でよく見直してください。漢字の間違いや、文意が十分に理解できていないと思われる誤りが目立ちます。試験はどれだけ理解できているかをはかるものですが、あくまでも事前の準備(つまり試験勉強)ができていることを前提として実施します。したがって、当然用いるべき用語や語法を身につけているものとして採点します。穴埋め問題などで、ただ文意が通じればいいというものではありません。気をつけましょう。

 さて、授業では平衡感覚の受容のしくみと伝導路を取り上げました。授業中にも触れたように、聴覚のしくみときわめて類似しています。したがって、内リンパの性質や有毛細胞、感覚毛の特徴を理解した上で、半規管や耳石器が、それぞれどのような刺激によって反応するのかをよく考えるようにしましょう。

 半規管膨大部や卵形囊、球形囊の平衡斑の有毛細胞の興奮の伝達を受ける感覚神経について、「前庭神経」としました。まずはこの名称でしっかりと理解しましょう。さらに詳しく名称を挙げると、前庭神経が分枝して、膨大部有毛細胞へは膨大部神経、2つの平衡斑へはそれぞれ、卵形囊神経、球形囊神経と呼ばれる神経が伸びています。

 これらの神経はいずれも前庭神経節に細胞体がある双極性ニューロンです。この前庭神経が一次ニューロンとして前庭神経核へ入ります。伝導路の図をよく見ると、前庭神経の終末が分枝し、いくつかの神経核へ入っています。前庭神経線維は延髄に入り、4つの神経核に入ります。そこからさまざまな運動中枢へ神経線維が伸びており、情報を送っています。

 前庭が刺激を受けると、眼球運動が生じたり、頭部を回転させたり(頸部の筋が関わる)、四肢や体幹を動かすような運動が生じたりします。これら運動を保証するために、図にあるような多くの神経核とつながっています。

 視覚に関しては、眼、または眼球の構造と光(電磁波)の性質を簡単に説明しました。光の特徴は来週、または再来週の授業で改めて触れますが、プリントをよく見て全体を理解しておくこと。