2017年度 第9回 膜電位と活動電位

 今回は、
膜電位がどのようにつくられるか
脱分極がどのように生じるか
活動電位とは何か
がポイントですが、これまでに学んだ細胞内液と細胞外液の組成、細胞膜の構造や細胞膜を介した物質輸送、特にチャネルを介したイオンの移動に関する知識を踏まえて考えました。
 そのほかに、基本的な化学や物理の知識にも触れました。

 このように、生理的な現象を考えていくためには、多くの基本知識を前提としながら、すでに学んだ知識を使ってさらに考えていく必要があります。何かを学ぶというのはそもそもこういうことです。これまでまり得意ではなかったとしても、何とかして克服しないと先には進めません。

 中心の1つである静止膜電位がどのように生じるか、授業での説明とは少し異なったやり方で説明して、まとめてみました。参考にしてください。ここここです

 また、脱分極とか分極という現象は、静止膜電位からの逸脱であると考えればいいかもしれません。もちろん、勝手に生じるわけではなく、必ずなにか刺激が必要です。「刺激」といっていますが、まずは単なる「きっかけ」であると考えて、その先を理解するようにしましょう。今後の授業の中で、いろんな「刺激」を取り上げます。しだいに実感を持って考えられるようになっていくと思います。

 「刺激」によっていったん脱分極が生じると、それがどれくらいの大きさであるか。つまり、どの程度陽性方向に変化するかが重要です。言い換えると、活動電位を生じるための閾値を超える超えないかがポイントです。脱分極が閾値を超えなければ、そのまま静止膜電位に戻りますが、いったん閾値を超えると必ず活動電位になります。メカニズムは来週の授業で説明しますが、このall-or-nonであることが非常に大切です。生物は一見アナログなしくみで動いているように見えますが、デジタルな側面も持っています。