第29回 大脳皮質、伝導路、自律神経頚の機能

先週は最初に運動機能に関して最も高次の調節を行っている大脳皮質(新皮質)の機能を考えました。

運動性皮質ともいい、一次運動野、運動前野、補足運動野に分けられます。それぞれの機能の違いと特徴を簡単に説明しましたが、相違点はサルを使った実験などで具体的に考えました。改めて自分なりによく考えてみてください。また、一次運動野の支配の特徴は、一次体性感覚野と非常によく似ています。ともに、大脳皮質の機能を考える上で必須です。いずれも自分の言葉で説明できるようにしておきましょう。

あわせて、運動機能を支配する伝導路も概説しました。特に、錐体路は脊髄の下行路に対する理解という点で重要です。皮質脊髄路は大きく2つに分けられますが、支配する筋の部位、交叉する部位の違いをしっかりと説明できるようにしておきましょう。また、皮質脊髄路と皮質延髄路の違いも重要です。体性感覚の伝導路とよく似ていますね。

後半では、自律神経系の機能について復習をかねて取り上げました。交感神経系と副交感神経系による器官機能の調節は前期にも取り上げましたが、これまでに学んだことを踏まえて、改めてよく見直しておきましょう。プリントの最後の表を参考にしてください。

来週は、自律神経系の中枢である脳幹と視床下部、そして大脳辺縁系の機能について取り上げます。これらの説明も、生理学Ⅱ&Ⅳで学んだことがベースになっています。これらもプリントの表を見ながら思い出しておきましょう。

後期試験の範囲は、後期の始め、筋線維の種類から今度の授業で進んだところまで(たぶん、自立神経反射は入りません)です。