第14回 自律神経系の構造と機能

夏休み前最後の授業で、自律神経系について概観しました。すでに学んでいる循環器系や呼吸器系、消化器系の機能調節を理解する上でも重要な考え方です。今回の内容を手がかりに一つ一つ具体的に見直してみましょう。

自律神経系の求心性神経である内臓求心性神経は、様々な感覚受容器から中枢へ伸びている神経に対する総称です。具体的に各受容器や伝える情報の性質によって名称が付されているわけではなく、解剖学的に独立しているわけでもありません。授業で触れたように、すべてが脊髄神経や脳神経に含まれています。したがって、器官系の神経性調節に関わる受容器からの求心性神経がどの神経に含まれているのか、一つ一つ確認しましょう。

自律神経系の機能を理解する上では遠心性神経の働きを考えることが中心です。したがって、交感神経と副交感神経の構造や作用、器官機能の支配に関する特徴をしっかりと復習しましょう。

交感神経系と副交感神経系がともに2種類のニューロン・神経線維がシナプス伝達によって連絡し、標的器官・組織に分布しているます。それぞれの部位で利用される伝達物質と合わせて必ず頭に入れておいてください。受容体についても学ぶべきことは多いのですが、詳細は後期の最後に取り上げます。そして、それぞれが優位に作用したときに各器官、組織がどのような作用を発揮するのかを理解しておくことが最も重要で、国家試験でも高頻度で出題されています。これらは丸暗記する、あるいはできるものではなく、各器官、組織の機能と交感神経系、副交感神経系の作用を十分に理解した上で考えられるようにしましょう。

ところで、夏休みのレポート課題の文献は決まりましたか?シリーズ全体としては人体のほぼすべての機能に関するテーマが採られていると思います。書店にどの程度並んでいるのかによって実物を手に取れるかどうかはわかりませんが、Webサイトなども参考にしながら興味あるテーマを見つけてください。読解力は人によって差があるため一概に言えませんが、私が同じ課題に取り組むなら少なくとも3回、場合によっては5回くらい読まないと納得のいくレポートは書けないと思います。わからないことがあればいつでも質問していただいてかまいませんが、じっくりと時間をとって取り組みましょう。