第22回 体性感覚の伝導路、体性感覚の中枢

今週は体性感覚の伝導路を中心に、体性感覚の中の構成を取り上げました。

後策路、脊髄視床路、三叉神経視床路の3ルートで基本的に説明できますが、これら伝導路に共通する特徴は
一次〜三次の3つのニューロンがシナプス接続して構成されている。
一次ニューロンはの終末に感覚受容器がある。
二次ニューロンが必ず交叉する。
二次ニューロンが視床で三次ニューロンと接続している。
ということです。さらに、
三次ニューロンは視床から大脳皮質体性感覚野に投射しています。

三叉神経視床路は顔面など狭い範囲の感覚を支配していますから、ほぼ全身は後策路(後策-内側毛帯路)と脊髄視床路でカバーされています。この2つは上記の共通点に加えて、
一次ニューロンの細胞体は後根神経節にある
ことです。

また、相違点もはっきりさせておきましょう。
一次ニューロンと二次ニューロンが接続する場所、つまり二次ニューロンの細胞体がある場所が異なっています。
後策路では延髄、脊髄視床路では脊髄後角、そして三叉神経視床路では橋の主知覚核と延髄の脊髄路核です。また、
後策路では一次ニューロンのつくる神経線維が脊髄を上行しているのに対して、脊髄視床路では二次ニューロンのつくる神経線維が脊髄を上行しています。

プリントに図をつけましたが、必ず自分の手で描いて確認をしましょう。

脊髄小脳路については第10章運動機能で触れる小脳の機能のところでも改めて触れると思います。

脊髄網様体路は先週と今週、そして来週にもう一度「痛覚」について触れますが、これらの内容と合わせて考えられるようにしましょう。

「体性感覚の中枢」という場合、一次体性感覚野=中心後回だけを指すことが多いと思いますが、今回は視床も脳の一部であるという意味で、中枢に含めて考えました。したがって、「伝導路」と内容がダブっていますが、中継所としての機能は他の感覚機能、例えば聴覚や視覚についても同じ役割を果たしています。一次体性感覚野につては来週もう一度触れますが、対部位局在があるということ、そして、一次体性感覚野の割り当てられている領域の大きさ(面積)とその対応する部位の感覚の鋭敏さの関係をよく理解してください。