2018年度第30回 随意運動の伝導路、自律神経系の機能と伝達物質、受容体

 今回の授業内容までが後期試験の試験範囲です。最後の授業ですが、非常に重要な内容を含んでいますので、試験勉強につながるように、しっかりと見直しましょう。

 はじめに、一次運動野と運動単位、あるいは神経支配非の関わりに触れました。それぞれを独立したものとして理解するのではなく、互いの関わり合いをよく考えましょう。そうすることによって、それぞれの意味もより深く理解できるはずです。

 随意運動の伝導路についても同様です。外側皮質脊髄路、前皮質脊髄路、皮質延髄路の三つのルートを覚えるだけに終わらず、それぞれがどこの骨格筋の運動を支配することになるのかを、出発点である一次運動野の支配領野と合わせて考えましょう。そうすると、外側皮質脊髄路と前皮質脊髄路の神経線維の割合も簡単に頭に入るでしょう。

 錐体外路径は詳しく説明できませんでした。臨床の科目では取り上げられると思いますので、そのときに改めて振り返るようにしましょう・

 後半は自律神経系の特徴を簡単におさらいした後、交感神経系と副交感神経系の伝達物質と受容体の機能の違いを説明しました。2種類の伝達物質について、受容体は多種類存在します。特に、標的期間が持つアセチルコリン受容体とアドレナリン受容体は、それぞれの器官の反応性の違いを考える上で非常に重要です。副交感神経系は受容体の多様性がそれほどあるわけではありませんので、説明も簡単に済ませました。一方、アドレナリン受容体は大きく2種類、さらにそれぞれで2種類あります。その分布や機能の違いは、各器官に対する交感神経系の作用を考える上で大切ですので、やや詳しく説明しました。

 プリントに入れた表には、分布をかなり詳しく書き込んでいますが、基本的な考え方はテキストでまとめた部分にあるとおりです。まず頭に入れておきましょう。そして、交感神経系が亢進した状態での、各器官の作用を自分なりに考えられるようにしておきましょう。授業では心臓や消化管、腎臓の機能などに注目しました。肝臓や膵臓、血管なども、それぞれの機能を考える上でわかりやすい反応をしています。