第18回 脊髄と脊髄神経、感覚機能の特徴

一日中うっとうしいお天気で、授業を受けていても何となく眠くなってしまう人もいたのではないでしょうか?
けっこう駆け足でしたので、途中うとうとしてしまった人はよく復習をしておいてくださいね.*^_^*

脊髄も脊髄神経の詳しいことは解剖学で習うと思いますが、
「ベルーマジャンディの法則」皮膚分節はよく頭に入れておいてください.また、上行路や下行路の図は付箋紙を貼ったりして、いつでも振り返ることができるようにしておいてください.

感覚機能の特徴を一通り説明しましたが、授業でも協調した通り、
「感覚の投射」「ウェーバーの法則」をしっかりと復習してください.来週は感覚器の分類をもう少し詳しくみてから、皮膚感覚に入ります.

来週の小テストは、範囲は広いですが、ポイントははっきりしています.あまり風呂敷を広げすぎずに勉強するといいと思います.