7月生まれの作曲家2:ヤナーチェク

 今回はレオシュ・ヤナーチェク(Leoš Janáček)を紹介します。現在のチェコ東部、当時はオーストリア帝国領であったモラヴィア地方の出身で、1854年7月3日に生まれました。チェコ出身の有名な作曲家といえば、スメタナとドヴォルザークですが、スメタナが1824年生まれ、ドヴォルザークが1841年生まれですから、一世代下でしょうか。 1928年8月12日にチェコ国内でなくなりました。

  同じチェコ出身の二人の作曲家と比べると知名度は低いですが、オペラから室内楽曲まで幅広く作曲しています。最もよく知られているのがオペラ『利巧な女狐の物語』でしょうか。この他に、ドストエフスキーの小説を基にした『死の家から』も知られています。題材にはややクセがありますが、音楽は非常に聴きやすく、親しみやすいと思います。

また、村上春樹の『1Q84』で有名になった「シンフォニエッタ」は、日本国内ではこの数年演奏機会が増えているようです。
以下は数年前にNHK交響楽団が行なった定期演奏家での演奏です。
  https://www.youtube.com/watch?v=8lfZAKlwXs0
なかなかの名演です。
 名フィルでは、一昨年の定期演奏会で『死の家から』によった組曲と「シンフォニエッタ」が演奏されました(456回定期)。また、4年前には『利巧な女狐の物語』組曲も取り上げられました(416回定期)。