バイエルン国立歌劇場3

 2日目の《アンドレア・シェニエ》は19世紀末のイタリアオペラで、この時代を代表する作品とされていますが、上演頻度はそれほど高くありません。フランス革命前後のパリを舞台に、同名の実在の詩人を主人公とする物語。革命側に立っていたシェニエが、ロベスピエールの恐怖政治を批判して処刑されるまでを描いています。あらすじはまた改めて。

 主な登場人物は3人で、
Andrea Chénier(アンドレア・シェニエ、詩人):Jonas Kaufmann(ヨナス・カウフマン、テノール)
Maddalena di Joigny
(マッダレーナ・ディ・コワニー、コワニー家令嬢):Anja Harteros(アニア・ハルテロス、ソプラノ)
Carlo Gérard
(カルロ・ジェラール、コワニー伯爵家に仕える召使。フランス革命後は革命政府の高官(ジャコバン派)):Ambrogio Maestri(アンブロージ・マエストリ、バス)
指揮はOmer Meir Wellber

 この日が今年の音楽祭のフィナーレ、千秋楽ということもあり、トップ歌手が起用されました。3人とは言え、これだけの歌手が顔をそろえた舞台を生で見る機会はもうないかもしれません。主役を演じたカウフマンはミュンヘン出身ということもあってか、終演後のアンコールは7回。

 演奏者の「アンコール」とは、改めて演奏する場合をさすこともありますが、ここで言う「アンコール」は出演者が舞台へ出てきて観客に挨拶することをさします。こんな感じです(↓)
Image 2017-08-31 at 22.55

 カウフマンは現在世界で最も人気のあるテノール歌手と言っていいでしょう。2年前の日本でのリサイタルのチケット代は目が飛び出るような価格です。もちろん、理由のあることで、端正なマスク、柔らかくふくよかな声質、絶妙のビブラートなど、同じレパートリーを持つ他の歌手たちと比較すると、人気のある理由がよく分かります。特に、弱音から初めてクレッシェンドしていくときの表現は涙が出そうになるほど心がわしづかみにされます。

 公式HPはここ(http://newalbum.jonaskaufmann.com)です。興味のある方はご覧下さい。

 隣にはウィーンから来たというやや年配のご婦人が2人。カウフマンの追っかけをされているようで、どのような旅程で来られているのか分かりませんが「カウフマンは旅行してでも聴く価値があるわ」とのこと。「でも、日本はちょっと遠いわね」とも言われましたが。

 終演後、楽屋口で待っているとマエストリ(下の写真)とハルテロスは出てきましたが、カウフマンは別の出口からこっそりと出たとのこと。彼目当てで待っていた多くの女性ファンががっかりしていました。千秋楽後のパーティーの約束でもあったのでしょうか。
Image 2017-08-31 at 22.55 (1)