METライブビューイング《ロメオとジュリエット》

 先週土曜日から名駅・ミッドランドスクエアシネマ1で
METライブビューイングの今シーズン5作目である
グノー:歌劇『ロメオとジュリエット』
が上映されています。

 題名の通り、シェイクスピア原作の悲劇を基にしたオペラです。作曲者のグノーは19世紀に活躍したフランスの作曲家。管弦楽分野ではあまり有名ではありませんが、歌劇ではこれまでにも紹介したことのある『ファウスト』を作曲しています。期せずして、いずれも非常に有名な文学作品が原作です。

 原作を基にした、あるいは翻案した映画も作られていますし、ストーリーは皆さんご存じの通り。今回は演出も新しくなり、シンプルでわかりやすい舞台でした。主役を演じた2人、ジュリエット役のディアナ・ダムラウはドイツ人ソプラノで高音域を得意としています。ロメオ役のヴィットーリオ・グリゴーロは美しく張りのある声のテノール、非常に情熱的な歌いっぷりもあって人気があります。

 全体は5幕構成、原作のうちから有名な場面だけをつないで非常にわかりやすくなっています。
舞台は14世紀のイタリア・ヴェローナ。名家であるモンタギュー家とキャピレット家は激しく対立し、ことあるごとにしないで争っています。
 第1幕:モンタギュー家のロメオが友人と連れだって、キャピレット家の仮面舞踏会へ忍び込むと、ジュリエットと出会って互いの身分に気づかずに恋に落ちる。登場したジュリエットのアリアをダムラウが踊りながら見事に歌唱。
 第2幕:舞踏会の夜。有名なバルコニーの場面。主役2人の二重唱です。ここでも、2人が激しく動きならも乱れることのない見事なデュエットでした。
 第3幕:主役2人は両親に内緒でローラン神父を頼り、極秘に結婚式を挙げます。ここでも二重唱。見事でした。結婚式からの帰り(?)、1人になったロメオがモンタギュー家とキャピレット家の家来達のけんかに巻き込まれ、ロメオはキャピレット家の1人を殺してしまい、居合わせたヴェローナ大公から追放を言い渡されます。
 第4幕:ロメオがヴェローナを去る前にと、結婚した2人が初夜を過ごす。ここでの二重唱は聴きもの。今回の演出は割とあっさりしていましたが、濃厚なベッドシーンを売りにした演出もあります。ジュリエットは父親の命令で別の男性・パリス伯爵との結婚を強いられており、ローラン神父に救いを求める。仮死状態となる薬を飲んだジュリエットはパリス伯爵との結婚式の最中に倒れ、周りのものはみんな死んだと信じます。
 第5幕:キャピレット家の礼拝堂の中。ジュリエットが死んだと聴いたロメオが現れ、ジュリエットの傍らで毒を仰ぎます。ロメオが苦しんでいるときにジュリエットが目覚め、互いの愛を確認し合う。ここでのデュエットが泣かせます。ロメオの死を悟ったジュリエットは短剣で自らを刺してともに天国へ旅立つ。

 原作にあるような2人の死後の場面はありません。登場人物もかなり絞られていて、大人?として登場するのはジュリエットの父親と侍女、ローラン神父だけ。いずれも存在感があり、それぞれのアリアも聴き応えがありました。特に、ジュリエットの父親であるキャピレット伯を歌ったローラン・ナウリは所々で剽げたような歌唱、仕草を見せて、がんばっている主役2人を見て熱くなった気持ちを休ませてくれました。彼はフランス人のバリトン歌手。コミカルな役からからシリアスな役までこなすマルチタレントです。

 今作は午前と夕方の2回上映で、金曜日までやっています。ストーリーが分かっていると入りやすいと思いますので、時間のある方は是非。

 次回はドヴォルザークの『ルサルカ』。チェコ語ですが、ちょっと悲しいメルヘンです。3月18日から上映されます。