《カプリッチョ》と《イル・トロヴァトーレ》

前回はMETライブビューイングの《オリー伯爵》を紹介しましたが、今回はその後に上演(上映)された
リヒャルト・シュトラウス:歌劇《プリッチョ》
ヴェルディ:歌劇《イル・トロヴァトーレ》
を簡単に紹介します.

イル・トロヴァトーレは今度の金曜日までやっています.

リヒャルト・シュトラウスは私の好きな作曲家の一人.特に歌劇《ばらの騎士》はこれまでに観たオペラの中で最も好きなオペラです.今回の「カプリッチョ」は作曲家の最後の、そして集大成ともいうべきオペラで、一人の女性が同時に2人の男性から求婚されて思い悩む様を描いています.わずか1日の話なのですが、どたばた喜劇のようでもあり、同時に一緒に考えさせてくれるような、ちょっと濃い内容です.
ストーリーは
ここを観てください.
2人の男性、一方は詩人、他方は作曲家.主人公であるマドレームが選ぼうとしているのは「男性」なのですが、同時に、オペラにとって「言葉、歌詞」と「音楽」とどちらが重要なのかという、作曲家自身の芸術観、哲学観を披露しています.

今回の上演は、リヒャルト・シュトラウスを得意とするルネ・フレミングというソプラノ歌手がマドレーム役を見事に歌いました.一部が
ここにありますので、興味のある方はぜひ(^-^)/

全1幕、2時間半という長丁場ですが、最後、彼女はどちらも選べず幕.あとはオペラを観た「あなた」が考えなさい、ということでしょうかσ(^^).

さて、昨日の《イル・トロヴァトーレ》、前評判は非常に高く、「圧巻」とか「手に汗握る」とのことでしたが、たしかに圧倒されました.
非常に複雑なストーリーですが、最後は主役2人、愛し合うヒーローとヒロインが横恋慕の犠牲になってともに死んでしまうという、《ルチア》同様に救われない話.
ヴェルディのオペラの中でも人気があり、上演頻度も高い作品ですが、ソプラノ、メゾ・ソプラノ、テノール、バリトンと男女2人ずつ力量あるソリストが必要です.今回はこの4人に迫力というか、圧倒的な声量を持つ歌手が当てられていました.さらに、舞台装置もリアルで、転換もスピーディーなため引き込まれました.

今シーズンのMETライブビューイングは、来月のワーグナー《ワルキューレ》が最後です.来年度のスケジュールも既に発表されておいます(ここ).
また、同様にオペラ上演を映画館で楽しめるような企画、あるいは最初から映画用につくられた上演の上映も増えてきています.直近では、ささしまライブの109シネマズで6/4〜:ヴェルディ《シモン・ボッカネグラ》(これは昨年4月のミラノ・スカラ座の公演です)があります.