鳥取城

 現在の鳥取城には櫓などの木造の建物は全く残されていませんが、石垣や堀が修復されています。また、かつての本丸などは久松山という小高い山の山中にあり、登山道も整備されています。全体を回るには半日かかるほどの規模、炎天下に登山する勇気もなく、今回は麓の二の丸、三の丸を回って、珍しい球状の石垣(下の写真の中心)を見てきました。

IMG_2102

IMG_2097

 鳥取市、鳥取城は戦国時代には毛利家の拠点の一つで、織田家の中国方面総大将であった羽柴秀吉の軍勢によって攻め落とされています。秀吉得意の兵糧攻めで、戦後の城内はあまりにも凄惨な状態であったことから、鳥取の『渇え殺し』と呼ばれました。当時の秀吉の本陣跡は「太閤が平(たいこうがなる)」として、残されています。

 江戸時代に池田家が治めた鳥取は因幡、伯耆の2カ国32万石の城下町として栄えました。鳥取城の石垣の上からは市内が一望でき、城の立地の良さがよく分かります。廃藩置県後、役所や旧制中学校などの中心的な施設が鳥取城の周辺に建設されたようで、現在も県庁や市役所、高校がすぐ近くにあります。