新進演奏家のコンサート

 先日(1月18日)に
《新進演奏家育成プロジェクト オーケストラ・コンサート》と題する演奏会が名古屋・栄の愛知県芸術劇場コンサートホールでありました。

 タイトルの通り、若い演奏家にオーケストラとの協演の機会を設けようという企画です。全国7地区で、それぞれ地域に関わりのある若手をオーディションで選抜して、ソリストとして招いた演奏会です。今回は
モーツァルト:クラリネット協奏曲、クラリネット独奏:亀居優斗
グリーグ:ピアノ協奏曲、ピアノ独奏:川添由梨香
ウェーバー:ファゴット協奏曲、ファゴット独奏:多作幸介
ラロ:ヴァイオリン協奏曲《スペイン交響曲》、ヴァイオリン独奏:篠山春菜
指揮:梅田俊明
管弦楽:名古屋フィルハーモニー交響楽団
でした。

 ソリストたちはもちろん全員20代(たぶん)。全員がオーディションの合格者といっても、楽器のバランスをとっているのでしょう。まだ大学在学中も居れば、かなり演奏のキャリアを積んでいる奏者も居て、実力にはやや幅があるように感じました。

 クラリネットの亀井はやや迫力不足。春日井市出身で、現在東京芸大の学生のようですから経験不足もあるかな。何となく線が細い。
 ピアノの川添は愛知県芸出身で、すでにドイツ留学を終えているようです。音がべたっとしていて、これまた音量がない。強く叩いているのでしょうが今ひとつ響いてきませんでした。ちょっと緊張していたのかな?第1楽章に??というところがありました。
 ファゴットの多作君は名フィルの首席奏者。実力も演奏経験も十分で、今更このような演奏会で?とも思ったのですが、今回は彼の演奏を聴くのが最大の目的でした。やはり、いつもやっている仲間同士、オケとの間がいいですね。うまく乗っている感じでした。ただ、楽器の性か、大きな音が出ないため、他の楽器と比べるとやや聴き劣りします。
 最後のヴァイオリンの篠山もまだ大学生。とは言っても、高校卒業後、いきなりオーストリアへ留学しているくらいですから、だいぶんステージ慣れしているようですし、迫力もあり聴き応えがありました。ただ、演奏中の姿勢や表現にやや癖があるかな? じつは選曲もちょっと癖があります。いろんな経験を積んでいくと、ただ「聴かせる」だけではない表現力が身につくでしょう。

 全体に残念だったのはお客さんの入り。演奏者がかわいそうなほどでした。高校生が団体で来ていたり、学生時代の友人、先輩後輩、親族などかき集めたのでしょうかちょっと・・・・。

 彼ら、彼女らが今後どのように成長していくのか楽しみです。