METライブビューイング《ルサルカ》

 少し時間がたってしまい、やや記憶も薄れてきています。3月中旬に今シーズン6作目の
ドヴォルザーク:ルサルカ
が上映されました。キャストは
主役の水の妖精・ルサルカ:クリスティーヌ・オポライス(ソプラノ)
ルサルカに恋をする王子:ブランド・ジョヴァノヴィッチ(テノール)
森の魔女・イェシババ:ジェイミー・バートン(メゾソプラノ)
外国の王女:カタリーナ・ダライマン(ソプラノ)
水の妖精・ヴォドニク(ルサルカの父親):エリック・オーウェンズ(バスバリトン)
指揮:マーク・エルダー
演出:メアリー・ジマーマン
メトロポリタン歌劇場合唱団、メトロポリタン歌劇場管弦楽団。

 ストーリーはちょうど「人魚姫」と同じです。ドヴォルザークはチェコの出身ですが、チェコを含めてヨーロッパ各国に同様のストーリーの民話が残されているようです。それらをあわせて、チェコの有名な詩人が台本をつくり、ドヴォルザークが曲を付けた作品。『新世界』や『アメリカ』など、器楽曲のイメージが強いドヴォルザークですが、歌劇も10作残していて、この《ルサルカ》が最も上演頻度が高いようです。

 ストーリーを簡単に紹介すると、
第1幕:森の池に済む水の妖精・ルサルカが通りがかったその国の王子に恋をして、人になって愛し合いたいと父親に相談。森の魔女であるイェシババの力を借りて人の姿に。代償として声を失います。王子は人になったルサルカに一目惚れ。始まりの部分でルサルカが歌うアリア《月に寄せる歌》が最も有名です。叙情的で実に美しく、メロディーメーカーであるドヴォルザークの面目躍如たる部分です。
第2幕:館に連れ帰って、さそく結婚式。ところが、全く口をきいてくれないルサルカに嫌気がさした王子は、祝いに現れた隣国の王女に口説かれて心うつり。悲しむルサルカを父親が迎えに来ます。最も登場人物が多く、バレエも加わって華やかな部分です。アリアに重唱にとオペラの醍醐味が味わえます。
第3幕:森に帰って悲しむルサルカのところに、王子が「忘れられない」とやってきます。王子はルサルカとの口づけを求めますが、これは王子の死につながるといいながらも、ルサルカは王子に口づけ。王子は死に、ルサルカも池の底へ。

 演出はオーソドックスな舞台装置でわかりやすく、演奏も充実していました。これまでに見た映像では、ルサルカは妖精らしく、かわいく、あるいは妖艶に描かれていましたが、今回はややシビアに人、王子に接しているように見えました。オポライスは売り出し中のソプラノ。声が澄んでいて、聴きようによってはやや冷たくも感じされます。うまく個性を生かして、王子、ひいては人間界に対する不信を表現していたように思います。

 このオペラは「自然対人」の構図で描かれることも多いようで、今回もそういう目で見ると自然に対する人間の身勝手さや傲慢さのような、現在の我々に問いかけてくるような面を持っている気もします。作曲当時、台本作者や作曲家がどのように考えたかは分かりません。歌詞もあるので台詞のままに理解することもできるのですが、音楽が付くことで抽象化され、より普遍的なテーマとして理解させてくれます。オペラの持つ力ですね。

 次回は4月8日から、ヴェルディ作曲《椿姫(ラ・トラヴィアータ)》です。おそらくオペラの中で最も有名な作品です。登場人物も少なく、ストーリーもわかりやすい。音楽的にもなじみやすい作品で、実演奏時間も2時間余と初めての方にもそれほど無理がないと思います。午前中と夕方の2回上映ですし、行きやすいのではないでしょうか? 新学期が始まっていますが、時間をつくって是非。