小山実稚恵ピアノリサイタル

今回はピアノの単独のコンサート、リサイタルです。

ピアニストは小山実稚恵、現在の日本を代表するピアニスト。ショパン・コンクールとチャイコフスキー・コンクールの両方に入賞した唯一の日本人ピアニストで、レパートリーも広く、現在12年間で24回の連続コンサートを名古屋を含む国内7カ所で進めています。先週土曜日に、名古屋・栄の宗次ホールで第16回目のリサイタルがありました。

これまでにも2回聴きに入っているのですがいずれも満席。今回は《ピアノの魅力》と題して、ピアノの表現力の広さをアピールするようなプログラムで、もちろん満席でした。

ベートーヴェン(リスト編曲):交響曲第6番《田園》
ショパン:アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ、ポロネーズ第2番、同第5番
シャブリエ:絵画風の小曲集から 《牧歌》
ヴェルディ/リスト:リゴレット(演奏会用パラフレーズ)

リストはたくさんのオーケストラ曲やオペラをピアノ用に編曲しています。今回はその中から2曲。

ベートーヴェンのすべての交響曲にリストによるピアの編曲版があります。なかなか生で聴く機会はありませんが、以前に《第9》を聴いたことがあります。今回の《第6》で2曲目(^-^) 演奏前にピアニストの簡単なコメントがあり、その中で、「ピアノで弾くが、頭の中ではオーケストラが鳴っている」といっていました。そのつもりで聴いたからか、聴いていると、こちらの頭の中でもオケの音と重なってくるようで、不思議な気分でした。

ヴェルディの《リゴレット》は、オペラの中の有名な曲あるいはフレーズを使って、リストが自分なりにまとめ上げた曲(こういう曲をパラフレーズといいます)。20分ほどで一気に聴かせてくれるのですが、有名な「カルテット」(
ここを参考にしてください)を中心にまとめられていて非常に楽しい曲です(オペラはとんでもなくミゼラブルなストーリーです。オペラについてはここここを観てください)。終演後にサイン会があり、しっかりと参加しました。そのときに、この《リゴレット》について、「メロディーはヴェルディでも音楽は完全にリストなんですね」と尋ねると、「その通りですよ」とのご返事でした。

ショパンが3曲はいっています。もちろん、今回のテーマ「ピアノの魅力」はショパン抜きでは語れません。いずれもポロネーズ(ポーランドの舞曲をもとにしたショパン独自の音楽)ですが、さすがは小山得意のショパン。完全に手の内に入っているというか、見事でした。小さなホールで生で聴いたからでしょうか、CDで聴くよりもダイナミックで、響きの広がりに圧倒されました。

この日はなんとアンコールが3曲。
チャイコフスキー:組曲《四季》(12の性格的描写)から「10月・秋の歌」(先月の名フィル定期での上原彩子のアンコールと同じ曲です)
プロコフィエフ:プレリュード
ショパン:英雄ポロネーズ
でした。