夏の音楽祭1

先週末に松本と木曽に行ってきました.お目当ては
サイトウ・キネン・フェスティバル in 松本のオーケストラ・コンサート

木曽音楽祭

松本城と造り酒屋めぐり

木曽馬の外乗

サイトウ・キネンは小澤征爾の健康状態がやけに注目されて、テレビでも再三報道されました.私も本当は小澤指揮のオペラが観たかったのですが、残念ながらチケットがとれず(;。;).(多分国内のコンサートで最もチケットがとりにくいコンサートの1つです)代わりに、小澤以外の指揮者が振ったサイトウ・キネン・オーケストラのコンサートを聴きました.プログラムは
チャイコフスキー:幻想序曲「ロメオとジュリエット」
バルトーク:ピアノ協奏曲第3番
チャイコフスキー:交響曲第4番
指揮:ディアゴ・マティウス
ピアノ:ピーター・ゼルキン

先ず指揮者の紹介ですが、ベネズエラ出身の20代.既にヨーロッパの一流どころを振った経験があるようで、世界が注目する逸材(指揮者の世界では50歳で一人前といわれます).初来日だそうです.悪い意味での若さをみじんも感じさせない堂々とした指揮振りでした.

ベネズエラには「エル・システマ」と呼ばれる音楽教育システムが30年以上前からあり、ベルリン・フィルの定期演奏会の常連になっているような指揮者も輩出するほどに大きな成果を上げています.小学生からのクラブのような組織に楽器や指導者・レッスンを無償で与え、1千数百万の人口の中で数十万人の子どもたちが参加しているとのこと.今回指揮したマティウスもこのシステムの中から発掘された一人.

チャイコフスキーの2曲はクラシック音楽としては超有名曲.期待したとおりというか、いくつも新しい発見がありました.

「ロメ&ジュリ」(と略します)は、もちろんシェークスピアの同名戯曲をもとにしています.ただ、音楽が戯曲のストーリーを順に追って展開するわけではなく、戯曲全体から受けた印象をチャイコフスキーが一つの曲にまとめたと考えた方が分かりやすいようです.とは言っても、何となく悲劇を予感させるようなメロディーから始まり、これぞチャイコフスキーという余情豊かなメロディーにあふれ、また時に劇的に変化する曲です.

交響曲第4番は、6曲ある交響曲の中で代表作とされる後半3曲の一つ.「チャイコフスキーの運命」といわれることもある曲.いきなり金管楽器の強烈なファンファーレに始まり、人生の紆余曲折を感じさせる展開です.作曲者自身にとって大きな転換点を経た後の作曲で、精神的にも経済的にも充実していた時期の作品.全体にやや重いのは否めませんが、同時に「ロシアの大地」を感じさせる曲です.

今年のサイトウ・キネンはバルトークの作品をたくさん取り上げていました.小澤が振ったオペラもバルトークの「青ひげ公の城」という作品(私は観たことがありません).オケのコンサートでもバルトークのピアノ協奏曲が取り上げられした.
うちでスピーカーから出てくる音を聴いているだけでは、なかなかなじめませんでしたが、生で聴いて何となく良さがわかったような気がします.
なんと言ってもピアニストがすばらしい.ゼルキンは現代を代表するピアニストの一人ですが、あんなピアノの音は初めて聴きました.途中で「これがバルトークの音なのか」と納得できましたが、モーツァルトやベートーヴェンはもちろん、同時代のラフマニノフやプロコフィエフなどともまるっきり異なる、ややとがったような固い感じの音です.

クラシック音楽界でいう「音楽祭」は、オフに当たる夏の時期に本拠地以外の場所、例えばリゾート地などで集中して催される一連のコンサートのこと.ヨーロッパでは、ザルツブルグ音楽祭やバイロイト音楽祭などが有名です.それぞれのコンサートに集まるメンバーも通常とは異なる場合も多く、そのときだけ結成されるため「**音楽祭管弦楽団」などと呼ばれます.
サイトウ・キネン・オーケストラも、8月後半のこの音楽祭の時にだけ集まるメンバーで結成され、国内外の超一流が集まっています.「ロメ&ジュリ」にはハープが1台入ります(冒頭からかなり目立ちます)が、先月の名フィル定期でソロを弾いた吉野直子が担当していました.