名フィル定期(第423回):マーラー交響曲第4番

名古屋に本拠を置くオーケストラ、名古屋フィルハーモニー交響楽団(名フィル)の定期演奏会を、この数年毎回聴きに行っております。名フィルは毎年4月から翌年3月を1シーズンとして、同プログラムで月に2日、定期演奏会(英語ではsubscription concert、直訳すると予約演奏会)を開いています。1シーズンごとにテーマを決め、異なった指揮者が独自のサブテーマで組んだプログラムが楽しめます。

今シーズンのテーマは
《メタ》、"meta"は接頭辞で「間に」「超えて」「高次の」などの意味を表します。生理学では循環器系のところで「後細動脈=メタ細動脈」というのを学ぶことになるでしょう。

さて、シーズン開幕の4月は
「自作・他作の転用」
と題して、プログラムは
コルンゴルト:組曲『シュトラウシアーナ』
コルンゴルト:ヴァイオリン協奏曲ニ長調*
マーラー:交響曲第4番ト長調**
ヴァイオリン独奏:リチャード・リン*
ソプラノ独唱:市原愛**
指揮:円光寺雅彦

テーマの意味するところは、プログラムされた3曲がいずれも自分の曲や他人の曲の一部を引用、または転用して曲が作られているということです。

コルンゴルトという名はほとんどの方がご存じないと思います。1897年オーストリア帝国のブリュン(現在のチェコのブルノ)で生まれ、すぐにウィーンに移り、神童としてヨーロッパ中に知られる存在に。コルンゴルトはユダヤ人だったため、1930年代に入りナチスの台頭から逃れて渡米。そこでハリウッドからの委嘱でたくさんの映画音楽を作曲。アカデミー賞も受賞しているそうです。そして、自身が作曲した映画音楽を引用して作曲したのが今回の2曲目、ヴァイオリン協奏曲です。

弦楽器の静かな伴奏に乗って始まるヴァイオリン・ソロを聴いただけでまさに映画音楽。全体にロマンティックな雰囲気にもあふれていて、映画のシーンが浮かんでくるよう。全体はヴァイオリンとオケが存分に主張し合う協奏曲らしい音楽です。初演は1945年、セントルイス。同時代の他の作曲家と比べると、なじみやすい楽しい曲です。

ヴァイオリンソ・ロはアメリカ生まれ、台湾育ちのヴァイオリニスト、リチャード・リン。弱冠24歳ですが、ベテラン指揮者を相手に臆することなく十分に弾き込んで、時折笑顔を見せて自らの演奏を楽しんでいるようでした。逆に、指揮者とオケは若いソリストを励ますようにも感じました。

ソリスト・アンコールは、パガニーニ:「24の奇想曲」から第24番。一転して難曲中の難曲で、テクニックの高さを見せてくれました。

コルンゴルトは1957年に亡くなっていますが、その4年前に作曲・初演されたのが1曲目の「シュトラウシアーナ」、学生オケ用に作られたそうですが、ヨハン・シュトラウスⅡ世の曲を引用しながら、ポルカ、マズルカ、ワルツという舞曲に誂えた佳作です。ウィーンの大先輩へのオマージュでしょう。引用されているのは《騎士パスマン》というオペレッタだそうですが、聴いたことがないので残念。

シーズンオープニングにふさわしい、華やかでうきうきさせてくれるさわやかな演奏でした。曲中ではグロッケンシュピール(鉄琴)が活躍するほか、ハープやピアノの音色も印象的です。

休憩の後、この日のメイン、マーラー作曲交響曲第4番。
マーラーは1860年プラハ生まれ。コルンゴルト同様にユダヤ人で、生前もいろいろ苦労した人です。大曲ばかりのマーラーの交響曲の中では編成も大きくなく、4楽章構成。ただ、演奏時間は1時間弱あります。マーラー特有の陰鬱な雰囲気もなく、鈴の音で始まり、木管楽器のソロが入れ替わり立ち替わり。金管楽器の重い響きがなく比較的聴きやすい曲です。第一の聴き所は第2楽章の随所にあるコンサート・マスターのソロ。特に、通常の楽器(ヴァイオリン)だけではなく、調弦の異なる楽器を使って奏でるソロは実に不思議な音で、一聴の価値があります。この日の名フィル・コンサート・マスターは日比浩一さん。普段はやや音量が小さく、やや不満があったのですが、この日はホールによく響いていました。

この曲は第4楽章では『子どもの不思議な角笛』というドイツの民謡詩集の中に納められている「天上の生活」という詩をテキストとした歌詞=歌が入っています。元々は交響曲第3番のために作られた楽章をここへ持ってきたもの。歌詞は題名の通り、天国の生活の様子を描いたいて、すんだ美しい声質のソプラノ歌手が歌うことの多い曲です。独唱の市原を聴いたのは初めてですが、期待通り、優しく包み込むような歌声で、幸せな気分にさせてくだました。

第3楽章はオケだけですが、メロディーがとてもすてきです。第4楽章ともども優しさと暖かさを感じます。静かに淡々と進む音楽で、こういう曲の演奏が最も難しい。第1楽章ではお客さんにやや緊張を書くような雰囲気があり、ゴソゴソと物音もしたのですが、第3楽章はシ〜ンと静まりかえったように舞台の上と下が一体となったような雰囲気。演奏が聴衆の心をとらえている証拠です。こういう演奏に接すると、演奏が終わらずに、何時までも続いて欲しいと思います。

来月の定期は「マーラーの改訂」と題して、指揮者・マーラーが手を加えたシューマンの交響曲第3番です。