名フィル定期(第453回) 《ハルサイ》

 先週末(1月20日)の名フィル1月定期は「パリ/小泉和裕の『春祭』」と題して
ベルリオーズ:序曲『海賊』
グリーグ:ピアノ協奏曲イ短調
ストラヴィンスキー:バレエ音楽『春の祭典』
ピアノ独奏:小川典子
指揮:小泉和裕
でした。

 この日のメイン、そしてこの日だけ聴きに来た聴衆のほとんどの方の目的は『春の祭典』、通称『ハルサイ』です。しかし、聴いてみると前半の2曲もなかなかの演奏でした。

 ベルリオーズは『幻想交響曲』が有名ですが、文学作品や自らの体験に触発されてされて作曲することの多かった作曲家のようです。今回演奏された『海賊』は序曲とありますが、歌劇の序曲ということではなく、演奏会用序曲というタイプで、物語の内容を音楽で表現するような構成のはず。はず、というのは、具体的な物語が必ずしもはっきりしていないようです。ただ、管楽器も活躍し、いろんな表情、表現を楽しめる曲です。演奏者にとってもずいぶん楽しい曲なのでしょう、クラリネットとファゴットの主席はともにノリノリで演奏していました。音色の変化がはっきりしていて、全体にかちっとまとまっているいい演奏でした。

 グリーグの協奏曲は非常に有名で、演奏頻度もかなり高い曲です。有名なメロディーもあるので、どこかで耳にしたこともあるでしょう。『ペール・ギュント』も彼の作曲です。きっと、音楽の時間にきいたことがありますね。19世紀のノルウェイの作曲家です。ソリストの小川は名フィルの定期にはたびたび出演していて、私も今回でたぶん3回目(?)、レパートリーの広い方ですが、パワーと表現力を兼ね備えた実力派です。一音一音がしっかりと主張していて、オケと見事に対峙していました。また、第1楽章の後半にあるカデンツァ(独奏だけが即興的に演奏する部分)は圧巻でした。

 YouTubeでは
https://www.youtube.com/watch?v=Ws2EBk4ULiU
などいかがでしょうか。この演奏でソリストを務めているレオン・フライシャー(Leon Freisher)は、この演奏の数年後にジストニアを発症し、右手が不自由になりました。

 残念ながらソリスト・アンコールはなかったのですが、休憩中にサイン会があり、いつものようにサインとツーショットをお願いしました。
Image 2018-01-22 at 20.42

 『春の祭典』はもともとはバレエのための音楽で、1913年にパリで初演されました。一度聴いてみると分かると思いますが、初演は会場が騒然となり、音楽史に残る大スキャンダルとなったとのこと。とんでもない曲です。100人以上の出演者が要求され、普段使われないような特殊な楽器も必要で、何よりもリズムが激しく変拍子があちこちに出てくるため、現代のオーケストラにとっても難曲の1つです。

 メロディーらしいメロディーはなく、不協和音と土俗的なリズムが押し寄せてくるような曲ですが、20世紀最高の名曲の1つだと思います。生を聴くのは今回で4回目(5回目かもしれない)、いつ聴いても緊張と胸躍る気分がない交ぜになります。

 変拍子というのは、通常の3拍子や4拍子を足し算して組み合わせた拍子で、『ハルサイ』ではところによって小節ごとに拍子が変わります。指揮をするのも大変難しいはずですが、今回の小泉は暗譜で振っていました。才能に脱帽です。演奏も実にすばらしく、それぞれの部分で中心となっている楽器の音が見事に浮き出ていて、指揮者の意図をよくくみ取って演奏されていたと思います。いつもはやや不満な弦楽器もよくなっていたし、管楽器のアンサンブルも見事でした。

 このバレエのストーリーは、ロシアの故事などを基につくられているようで、春を迎えた時期の村の対立と和解、そして生け贄を捧げる儀式を描いています。「祭典」と行っても祝祭という意味ではなく、儀式、儀礼をいうような意味のようです。

 YouTubeでは
https://www.youtube.com/watch?v=qXCCxIvwc80
で、音楽とバレエの映像が見られます。試験が終わって気晴らしをしたいときにどうぞ。現代のロシアを代表する指揮者ワレリー・ゲルギエフの指揮するマリンスキー劇場バレエです。初めの2分くらいは紹介映像ですから飛ばして下さい。