小山実稚恵リサイタル:ゴルトベルク変奏曲

先週の土曜日(10/17)、これまでも何度かきいているピアニスト・小山実稚恵さんのリサイタルに行きました。名古屋・栄の宗次ぐホールです

12年間、半年に1回ずつ、それぞれにテーマを決めて行われる連続コンサートで、今回が20回目。今年がご本人のデビュー30周年ということもあり、2と3にかけたプログラムです。

プログラムは
シューマン:花の曲
J.S.
バッハ:ゴルトベルク変奏曲(アリアと30の変奏曲)
ピアノ独奏:小山実稚恵

小山さんは1982年のチャイコフスキー・コンクール3位、1985年のショパン・コンクール4位、この2大国際ピアノコンクールで共に入賞している唯一の日本人です。

さて、バッハのゴルトベルク変奏曲は、冒頭に演奏される「アリア」を基にして次々と変奏が続くもので、題名の通り「変奏曲」。最後に改めて冒頭のアリアが演奏されるため、アリア2曲と変奏30曲、テンポの指定が曖昧で人によって差がありますが、およそ70分程度、演奏はもちろん暗譜。演奏する方も聴く方もそうとうの集中力を要する大曲です。

全部で32曲あるわけですが、そもそも冒頭のアリアが32小節で作られています。また、30ある変奏は3曲ずつがひとまとまりで、その3曲目にカノン(輪唱のような形式の曲)が置かれ、カノンも順に音をずらして始まるように作曲されています。そもそも「3」は三位一体を示しています。(バッハは教会のオルガニストで、キリスト教の教義に対する造詣も並々ならぬものがあったそうです) このように、バッハの音楽は非常に数学的、あるいは幾何学的に構築されているところに大きな特徴がありますが、ゴルトベルク変奏曲はその代表のような曲です。

聴いていると心が静まるような気がするので、折に触れてCDをかけています。どちらかというと感情的にならない淡々とした演奏が好みです。元々チェンバロのために書かれた曲ですし、音量の幅を大きくしないような演奏がむいていると思うのですが、この日の小山さんの演奏は全く違いました。クレッシェンドやディミネンドがあちこちにあり、タッチも激しく、ドラマチックな演奏でした。これまでに聴いたことのないタイプ演奏、一緒に聴きに行った友人は「人生を感じた」そうです。順風満帆、紆余曲折、ピアノという1つの楽器の表現力のすばらしさを実感できました。

ゴルトベルク変奏曲はCDの数に比べると演奏機会は少ないような気がします。たぶんテクニックよりも、どのように演奏するかが難しいのでしょう。したがって、気安くリサイタルなどで取り上げるという分けにはいかないのかもしれません。

小山実稚恵さんはCDもたくさん出されていますし、名古屋やその周辺でもよくコンサートを開かれています。来年1月には岡崎市でリサイタルがあります。お近くで興味のある方は是非。