名フィル定期(第412回)

先週の金曜日と土曜日に名フィル(名古屋フィルハーモニー交響楽団)の定期演奏会がありました。毎年4月から新しいシーズンが始まり、毎月同じプログラムで2回公演が8月を除く年間11回あります。毎年シーズンテーマを決め、さらに毎月のサブテーマを決めて選曲されています。

今シーズンのテーマは「ファースト」。1番、1回目、最初の、などなにがしかの”first”にちなんだ曲がプログラミングされています。

今回は
シベリウスのオリジナル
と題して
サロネン:ギャンビット(日本初演)
シベリウス:ヴァイオリン協奏曲ニ短調(1903年オリジナル版)
シベリウス:交響曲第5番変ホ長調(1915年オリジナル版)
ヴァイオリン独奏:三浦文彰
指揮:ユッカ・イーサッキラ

シベリウスはフィンランドを代表する作曲家、交響詩『フィンランディア』が有名で、音楽の授業で聴くことも多いと思います。1865年生まれで1957年に亡くなっていますので、そんなに昔の人ではありません。今回取り上げられた2曲も20世紀に入ってから作曲された曲です。

オープニングのサロネンは1958年生まれ、現在活躍中の作曲家兼指揮者で、シベリウスと同じフィンランド出身。

彼らに限らず、北欧出身の作曲家の曲は何となく「寒い」。独特の響きがあり、透明感と下から巻き上げてくるようなもの(ブリザードのような)を感じます。さらに、シベリウスにはフィンランドらしい「森」や「水」、そしてそこにいる動物たちの「体温」や「におい」のようなものに触れている気がします。そのかわり、決して屋外で聴きたくなる音楽ではなく、やっぱり部屋の中でじっくり聴くタイプの音楽です。

さて、19世紀の後半以降の作曲家に共通する特徴は、いったん作曲して、その曲が初演されても、その後、曲に手を加えることが多いということです。シベリウスも例に漏れず、何度もやっていたようです。特に今回取り上げられた2曲は作曲者が最終稿を仕上げた後、初稿(オリジナル版)や途中の改定稿による演奏を禁じてしまったそうで、初演以降、これまでほとんど演奏される機会はなかったそうです。いずれの曲もオリジナル版による演奏を収めたCDは1種しかありません。今回は遺族から特別の許可を得たとのことで、「オリジナル版」による「オリジナルな機会」といえるでしょう。指揮者もフィンランド人、国内では評価も高いようで、今回のオリジナル版演奏に際して尽力されたよし、感謝したいと思います。(かなりかっこいいです)

これまでに最終稿による生演奏は聴いたことがあります。CDでもよく聴いているため、どうしてもこの耳慣れた曲と比べてしまいます。オリジナル版はいずれも曲もやや冗長な気がしました。もちろん、イメージしている「シベリウスらしら」に欠けるわけではなく、いつもの名フィルらしい、引き締まった演奏で、十分に楽しむことができました。金管楽器がやや迫力に欠けるかなとも思いましたが、全体に指揮者の意図を理解しようとする熱意を感じました。

ヴァイオリン独奏の三浦は、2009年に16歳で国際コンクール優勝とのこと、したがって、まだ21歳? 表現に若干若い?というところを感じましたが、技術はすばらしい! 使用楽器は1748年製ガダニーニの名器ですが、芯のある音で弱音もしっかりと響いてきました。ソリスト・アンコールは
パガニーニ:パイジェロの『水車小屋の娘』の「うつろな心」による変奏曲
はじめて聴く曲でしたが、聴いても超絶技巧、見ても超絶技巧で、堪能できました。