名フィル定期(第458回):《戦争と平和》

 6月の名フィル定期は15,16日、トルストイ『戦争と平和』をテーマに
プロコフィエフ:歌劇『戦争と平和』序曲
チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番変ロ長調
プロコフィエフ:交響曲第7番嬰ハ短調『青春』
ピアノ独奏:小山実稚恵
指揮:小泉和裕(名フィル音楽監督)
のプログラムでした。

 トルストイの『戦争と平和』の題名は誰でも知っているでしょう。恥ずかしながら、これまで読んだことがなく、今回を気に手にとってみたものの、あまりに長大で2ヶ月かかっても終わりません。18世紀初頭のナポレオン戦争で揺れるロシアの貴族社会が舞台。題名の通り、戦争の悲惨さや平和のありがたさ、人の命や生きがい、帝政ロシアの社会が抱える矛盾など、様々なことが描かれています。ロシアでは、日本で言う中学生の年代で読むそうです。邦訳は手に入りやすいところで、岩波文庫と新潮文庫が手に入りやすいようですが、1冊500ページ前後で5分冊または6分冊。岩波は関連する地図や登場人物紹介などが付録されていますが、いかんせん訳があまりにも読みにくく、遅々として進みません。幸い映画やドラマが何種類があり、レンタルできます。4時間を越える長編でしたが、ストーリーだけは頭に入れて臨めました。

 20世紀前半にロシア~旧ソ連で活躍したプロコフィエフは、この大作をオペラ化。実演奏時間4時間に及ぶこともあってか、ロシア国内はともかく、上演頻度はそれほど高くないようです。
 
オペラの序曲は上演のオープニングに演奏される音楽です。オペラ全体のイメージを伝えたり、オペラの中で使われるメロディーを予告したりする役割を持っています。全体を聴いていないので分かりませんが、ファンファーレで始まり、壮大な雰囲気で、大作のオープニングにふさわしい曲です。オーケストラは曲に併せた大編成、金管楽器の響きが印象的でしたが、弦楽器がよくなっていました。

 2曲目のチャイコフスキーの協奏曲は、特に冒頭があまりにも有名でどこかできいたことがあるでしょう。
この演奏は歴史的な名演だと思います:https://www.youtube.com/watch?v=t6P7vcRFRj0

 先々週に続いて聴いた小山さんのピアノは、やはり力強くてオケとも対等に渡り合う演奏は聴き応えがありました。3楽章構成で、30分あまり。技術的には必ずしも難曲の部類には入らないようですが、ピアノ独奏にはほとんど休みがなく、体力的にもきついでしょう。もちろん、スコアを見る限り、素人目にはとても二本の腕、10本の指で弾けるとは思えません。

 会場が市民会館に移ってから、弦楽器があまり響かなくなったような気がしていました。今回は指揮者・小泉の棒のせいか、かなり分厚くなっているような気がしました。チャイコフスキーの曲はいろんな楽器で音が重なるようにつくられているため、全体がバリバリと響かないと雰囲気が出てくれません。ピアノ、弦楽器、管楽器の掛け合いのような部分など、流れはもちろんのこと、音量のバランスもよくとれていました。

 小山さんのチャイ・コンでお客さんもかなり入るかと思いましたが、先月と比べるとやや入りが悪く残念でした。

 来月は、ボードレール『悪の華』にインスパイアされたデュティユーのチェロ協奏曲と、シェークスピアの『夏の夜の夢』の劇音楽(メンデルスゾーン)です。