名フィル定期(第410回と第411回):ブルックナーとマーラー

先月の定期分を忘れていたので、今月分とあわせて簡単にまとめます。

2月の定期は「水ー海の表情と生命の誕生」と題して
常任指揮者マーチン・ブラビンスの指揮で
ブリッジ:交響組曲「海」
藤倉大:木管楽器、打楽器による5人のソリストとオーケストラのために《Mina》(委嘱新作・日本初演)
ブルックナー:交響曲第4番 変ホ長調 『ロマンティック』
独奏:インターナショナル・コンテンポラリー・アンサンブルのメンバー

3月の定期は「土ー永遠の大地、生との告別」と題して
ワーグナー:ジークフリート牧歌
マーラー:大地の歌
指揮:ロリー・マクドナルド
独唱:マリア・フォシュストローム(コントラルト)、望月哲也(テノール)

2月の2曲目はいわゆる「現代音楽」です。コンサートの始めに作曲者による簡単な解説がありましたが、藤倉はこれまでにも名フィルが何度か新曲を取り上げられてきた作曲家。国際的にも注目をされているようで、指揮者・ブラビンスとも親しいのだとか。フルート、オーボエ、クラリネット、ファゴットというオケで一般的に用いられる木管楽器にカウベル(家畜の首などに付けていた鐘がもとになった金属製の楽器)やスモール・ドラムなどの打楽器をソリストたちが演奏する協奏曲のようなスタイルでした。木管楽器は単にメロディーを奏でるだけではなく、奏法を工夫することによっていろんな音を出すことができます。重音、同時に2つの音を鳴らすことも決して不可能ではありません。そうしたいろんな響きがオーケストラの土台の上に組み立てられていました。映画のBGMではよく使われているような音楽ですが、聴き慣れないとなかなか入っていけません。口ずさめるメロディーがあるわけではないため、なかなか記憶にも残らず、私には評価が難しいです。

この2回のコンサートのメインはブルックナーとマーラー、ともに大編成の交響曲で有名な作曲家です。

ブルックナーは1824年、オーストリア生まれで作曲家としてはウィーンを中心に活動し、1896年になくなりました。教会の中で聴いているような重厚な響きが特徴で、習作を含めて11曲の交響曲があります(最後の曲は未完)が、今回の第4番は最も演奏頻度が高い曲だと思います。4楽章構成の典型的な交響曲スタイルですが、1時間を越える大曲。いくつかの印象的なメロディーがありますが、なんと言っても中心はホルンの活躍です。

一方、マーラーは1860年チェコ生まれ、生前は指揮者としての活動が中心で、ウィーンやニューヨークの歌劇場で活躍をしました。世紀末特有の厭世観と耽溺主義的な雰囲気に満ちていています。1911年に亡くなるまでに11曲の交響曲を作曲(最後の曲は未完)していて、声楽を伴った曲が多く、今回の「大地の歌」は中国の李白などの詩のドイツ語訳などをもとにした歌詞を持つ連作歌曲のような性格を持つ交響曲です。6楽章構成で、これまた1時間を越える大曲。

2回を通じて最も印象に残っているのはマーラーで独唱を勉めたマリア・フォシュストロームです。コントラルト、一般的に使われている言葉だと「アルト」、女性の低音域のことです。以前(第383回定期)でもマーラーの「亡き子をしのぶ歌」を歌ったほか、宗次ホールでのリサイタルも聴いているのですが、今回は圧巻でした。芸文・コンサートホールは人の声(歌)がやや響きにくいという欠点があります。が、ものともせず、ということは、それだけすばらしい声だと言うことです。声の響きと広がり、研ぎ澄ましたような表現。聴き惚れると言うよりも、吸い込まれるというような感覚です。パンフレットに載っていたプロフィールによるとレパートリーの幅の広い歌手のようですので、是非他の作曲家の作品も取り上げてほしいと思います。

さて、来シーズンの名フィルの定期演奏会は「ファースト」という通年タイトルで、作曲家の「何とかの1番」とか初めての何とか、初演、初共演、など、「初物」づくしで組み立てたプログラムです。残念ながら有名な作曲家の有名な曲はほとんどなく、こういうのを好意的に評価すると「意欲的」というのですが、やや玄人好みではありますが、非常に楽しみな1年です。HPに紹介されています。席を選ばなければ¥3000、ヤング席(24歳以下、当日券のみ)であれば¥1000です。非日常のひとときを、1度体験してみてはいかがですか?